Home > 米国株式市場 > 米国株、大幅反落 雇用指標悪化・インテル下方修正で

米国株、大幅反落 雇用指標悪化・インテル下方修正で

 7日の米国株式相場は大幅に反落。ダウ工業株30種平均は前日比245ドル40セント安の8769ドル70セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は53.32ポイント安の1599.06で終えた。民間の雇用調査が予想より悪い内容で米労働市場の悪化懸念が強まったうえ、半導体大手インテルが売上高見通しの下方修正を発表したことが重しとなり、ダウ平均は12月1日(679ドル安)以来の下げ幅となった。
 前日夕に非鉄大手アルコアが大規模な人員削減などリストラ策を発表。オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)が7日朝発表した昨年12月の全米雇用リポートによれば、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)の前月比減少幅が69万3000人と市場予想(51万5000人)を大幅に上回った。インテルが同日朝、昨年 10-12月期の売上高見通しについて、昨年11月に続く下方修正を発表したこともあり、ダウ平均は取引開始直後から大幅安となった。年末年始に相場の上昇基調が続いており、利益確定売りが出やすい面もあった。
 S&P500種株価指数は28.05ポイント安の906.65、フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は11.44ポイント安の223.12で終えた。業種別S&P500種指数は全十業種が下落。「金融」の下落が目立ったほか、「エネルギー」や「一般産業」、「情報技術」が下落した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が12億3000万株(速報値)、ナスダック市場が20億5000万株(同)。
 インテルは6%下落し、アルコアは10%下げた。アルコアは米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が格付けを引き下げ方向で見直しの対象にすると発表している。原油先物相場の下落を受け、エクソンモービルやシェブロンが安い。
 アナリストが米一部大手銀について、08年10-12月期も大規模な評価損を計上し、追加増資に動くとの見方を示した。JPモルガン・チェースやシティグループ、バンク・オブ・アメリカが軒並み軟調だった。一方、好決算と業績見通し引き上げを発表した農業製品大手モンサントが大幅高だった。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8769.70 前日比:-245.40
始値:8996.94 高値:8996.94 安値:8719.92
年初来高値:9088.06 年初来安値:8719.92

ナスダック総合指数
終値:1599.06 前日比:-53.32
始値:1622.38 高値:1625.22 安値:1588.25
年初来高値:1665.56 年初来安値:1572.04

S&P総合500種指数
終値:906.65 前日比:-28.05
始値:927.45 高値:927.45 安値:902.37
年初来高値:943.85 年初来安値:899.35

米30年国債 3.036% 米10年国債 2.494%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(7日)
MAR09
O 9200(ドル建て)
H 9240
L 8990
C 9050 大証比-190(イブニング比-40)
Vol 8664

O 9215(円建て)
H 9215
L 8910
C 8965 大証比-275(イブニング比-125)
Vol 9599
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2831-c882d345
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅反落 雇用指標悪化・インテル下方修正で from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、大幅反落 雇用指標悪化・インテル下方修正で

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ