Home > 投資部門別売買動向 > 12月3週売買動向 外国人が3週連続売り越し、個人も2週連続で売り越し

12月3週売買動向 外国人が3週連続売り越し、個人も2週連続で売り越し

 東京証券取引所が26日発表した12月第3週(15-19日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人が3週連続で売り越した。売越額は995億円と前の週の1755億円から縮小した。世界的な景気後退懸念や金融不安から海外勢の売り姿勢は続いたが、年末を控えた持ち高調整程度にとどまったようだ。
 個人は2週連続で売り越し、売越額は1623億円と前の週の1767億円から小幅ながら縮小した。この週の日経平均株価は352円上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が追加的な金融緩和に踏み切ったことを好感した米株高を通じて、買いが優勢になった。日経平均が取引時間中に8700円台まで戻す場面があったことから、戻り待ちの売りや短期的な利益確定目的の売りが出た。
 一方、信託銀行は14週連続で買い越した。買越額は2828億円で前の週(2431億円)から拡大した。引き続き最大の買い主体となっており、市場では「年金基金が相場下落で低下した株式の持ち高を目標とする運用比率まで引き上げるための買いが断続的に入っている」との指摘が出ていた。事業法人は19週連続で買い越した。買越額は219億円とほぼ前の週(221億円)並みだった。年金による買いや自社株買いが相場を支える構図がこの週も継続した。
 証券会社の自己売買部門は2週連続で買い越した。買越額は364億円で、前の週(601億円)から縮小した。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2804-8d39c72f
Listed below are links to weblogs that reference
12月3週売買動向 外国人が3週連続売り越し、個人も2週連続で売り越し from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 12月3週売買動向 外国人が3週連続売り越し、個人も2週連続で売り越し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ