Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ6日ぶり反発 主要経済指標が予想ほど悪化せず

米国株、ダウ6日ぶり反発 主要経済指標が予想ほど悪化せず

 24日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反発。前日比48ドル99セント高の8468ドル48セントで終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発し、終値は3.36ポイント高の1524.90。主な経済指標が市場予想ほど悪化しなかったことから、買い戻しの動きが優勢となった。
 この日発表された経済指標では、週間の新規失業保険申請件数が市場予想以上に増加した。一方、11月の耐久財受注や個人消費支出(PCE)はともに前月比マイナスとなったが、マイナス幅は市場予想ほど大きくなかった。米景気の一段の悪化懸念がひとまず和らいだと受け止められた。原油先物相場が下落したことも支援材料となり、小売株や航空株などに買いが入った。
 米抵当銀行協会(MBA)が発表した週間の住宅ローン申請件数が増加。米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が同日発表した30年固定型住宅ローン金利が5.14%と1971年の調査開始以来で最低となった。これらもプラス材料とみなされ、金融株などの買いを誘った。ただ、この日はクリスマス前日で午後1時までの短縮取引で市場参加者は少なく、積極的に上値を買う動きも限られた。あす25日はクリスマスの祝日で休場となる。
 S&P500種株価指数は4.99ポイント高の868.15で終えた。業種別S&P500種株価指数は「金融」「消費循環」など全10業種が上昇した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約4億株(速報値)、ナスダック市場は約5億1500万株(同)だった。
 メーシーズやJCペニーが堅調。コンチネンタル航空やデルタ航空も買われた。ここ数日急落していたゼネラル・モーターズ(GM)は8%高と反発し、ダウ銘柄で上昇率首位。シティグループ、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェースの金融株がそろって上昇率上位に入った。キャタピラーやインテルも買われた。
 半面、アナリストが業績予想を引き下げたアルコアが2%近く下げた。メルクやファイザーなど医薬品株の一角が軟調。アップルやノキアがさえない。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8468.48 前日比:48.99
始値:8416.86 高値:8498.50 安値:8416.86
年初来高値:13279.54 年初来安値:7449.38

ナスダック総合指数
終値:1524.90 前日比:3.36
始値:1521.99 高値:1527.21 安値:1516.27
年初来高値:2661.50 年初来安値:1295.48

S&P総合500種指数
終値:865.22 前日比:2.06
始値:863.87 高値:869.79 安値:861.44
年初来高値:1471.77 年初来安値:741.02

米30年国債 2.632% 米10年国債 2.182%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(24日)
MAR09
O 8670(ドル建て)
H 8690
L 8585
C 8630 大証比+80(イブニング比+60)
Vol 1475

O 8485(円建て)
H 8565
L 8260
C 8535 大証比-15(イブニング比-35)
Vol 2439
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2798-4d7112d8
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ6日ぶり反発 主要経済指標が予想ほど悪化せず from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ6日ぶり反発 主要経済指標が予想ほど悪化せず

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ