Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ小幅安 GM救済も景気に不透明感、ハイテク株上昇

米国株、ダウ小幅安 GM救済も景気に不透明感、ハイテク株上昇

 19日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は小幅に3日続落。前日比25ドル88セント安の8579ドル11セントで終えた。米政府による自動車大手の支援発表を受けて買い先行で始まった。ただ、米景気悪化への懸念などから次第に売りが優勢となり、下げに転じて終えた。一方、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発。11.95ポイント高の1564.32で終えた。
 朝方にブッシュ米大統領がゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーに対するつなぎ融資の実施を表明。米自動車大手の経営破綻懸念がひとまず後退したとの見方から買いが先行し、ダウ平均の上げ幅は一時180ドル超に達した。
 ただ、買い一巡後は売りが優勢になった。この日のGM株は22%高と急伸して終えたが、市場ではつなぎ融資の決定は「時間稼ぎにすぎない」と、つなぎ融資の効果を疑問視する声もあった。格付け会社フィッチ・レーティングスはGMとクライスラーの格下げを発表した。GMの先行きや米景気悪化への不安は根強く、相場全体の重しになった。
 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は19日、欧米の主要金融機関の信用格付けを引き下げた。格下げの対象となった米銀大手シティグループやバンク・オブ・アメリカが下落した。このほか、シェブロンやエクソンモービルなど石油株も軟調で、ダウ平均を押し下げた。
 一方、ハイテク株は堅調だった。前日夕に発表した売上高見通しが予想以上だった携帯情報端末「ブラックベリー」を手掛けるリサーチ・イン・モーション(RIM)や、業績予想が一部の市場予想ほど悪くなかったと受け止められたデータベースソフト大手のオラクルが買われた。これらがナスダック指数の上昇をけん引した。
 S&P500種株価指数は2.6ポイント高の887.88。業種別S&P500種指数(全十業種)は「素材」や「エネルギー」など五業種が下げた。「通信サービス」や「一般産業」は上昇。
 売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約24億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約27億4000万株(同)だった。この日は株価指数先物・同オプションなどの取引・権利行使日が重なり、売買高が膨らんだ。
 シティが5%安とダウ平均構成銘柄で下落率首位。シェブロンやエクソンモービルの下げが目立った。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8579.11 前日比:-25.88
始値:8606.50 高値:8787.23 安値:8550.43
年初来高値:13279.54 年初来安値:7449.38

ナスダック総合指数
終値:1564.32 前日比:11.95
始値:1571.20 高値:1593.21 安値:1557.63
年初来高値:2661.50 年初来安値:1295.48

S&P総合500種指数
終値:887.88 前日比:2.60
始値:886.96 高値:905.47 安値:883.02
年初来高値:1471.77 年初来安値:741.02

米30年国債 2.55% 米10年国債 2.123%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(19日)
MAR09
O 8735(ドル建て)
H 8825
L 8565
C 8575 大証比-25(イブニング比+45)
Vol 7393

O 8510(円建て)
H 8655
L 8430
C 8450 大証比-150(イブニング比-80)
Vol13284
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2787-8fbe5bd3
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ小幅安 GM救済も景気に不透明感、ハイテク株上昇 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ小幅安 GM救済も景気に不透明感、ハイテク株上昇

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ