Home > 株式市場ニュース > 米大幅利下げ、FF金利0.0-0.25%へ 事実上ゼロ金利に

米大幅利下げ、FF金利0.0-0.25%へ 事実上ゼロ金利に

米FF金利推移 米連邦準備理事会(FRB)は16日開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、最重要の政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現在の年1.0%から大幅に引き下げ、年0.0-0.25%にすることを全会一致で決定、即日実施した。米国として史上初めて事実上のゼロ金利政策に踏み込む。同時に長期国債の買い入れ検討なども表明。市場への資金供給量の拡大を金融政策の柱とする量的緩和の導入を正式に決めた。
 米政策金利の誘導目標がゼロ%台に低下したのは初めて。FF金利の誘導目標は日銀の政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標(年0.3%前後)を下回った。日米の政策金利の逆転は1993年2月以来、約16年ぶりとなる。
 FRBがFF金利の誘導目標に幅を持たせたのは初めて。ゼロ金利が近づき、FF金利を一定水準に厳密に日々誘導するのが困難になったためとみられる。
 FOMC終了後に公表した声明は「景気回復と物価安定へすべての手段を動員する」と宣言。特にFF金利について「しばらくの間、例外的に低い水準になる可能性がある」と説明した。歴史的な超低金利を当面続ける姿勢を示すことで、金融緩和効果を高める「時間軸効果」を狙う。
 声明は市場への流動性供給で既に膨らんでいるFRBのバランスシート(貸借対照表)を債券買い入れなどを通じ「高い水準で維持する」と言明。金融機能の回復と景気刺激に向け、市場への資金供給を拡大する「量的緩和」の導入をFOMCで初めて確認した。
 量的緩和の手段として具体的には「今後、数四半期にわたり多額の政府機関債や住宅ローン担保証券(MBS)を購入する」と説明。「状況に応じてさらに拡大する用意がある」と強調した。住宅ローンの供給を促し、景気後退の震源である住宅市場のテコ入れを目指す。
 また、長期国債の買い入れについても「利点を検討している」と表明。長期金利の低下要因となる国債買い入れを本格的に視野に入れていることを明らかにした。来年2月から自動車ローンや中小企業向けローンなどを裏づけとする資産担保証券(ABS)を担保とする融資を始めることも改めて表明。金融機関が融資に慎重になる信用収縮対策として、担保の適格基準にはある程度目をつぶり、家計や中小企業の資金調達を支援する方針も盛り込んだ。
 FRBの利下げは、昨年9月以降10回目。民間金融機関向けの貸出金利である公定歩合は0.75%引き下げ、年0.5%とした。金融機関が一定額以上をFRBに預け入れる準備預金に0.25%の金利を付けることも決めた。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2778-2e627616
Listed below are links to weblogs that reference
米大幅利下げ、FF金利0.0-0.25%へ 事実上ゼロ金利に from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > 米大幅利下げ、FF金利0.0-0.25%へ 事実上ゼロ金利に

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ