Home > 米国株式市場 > 米国株、3日ぶり反落 フェデックス下方修正など嫌気

米国株、3日ぶり反落 フェデックス下方修正など嫌気

 9日の米国株式相場は3営業日ぶりに大幅反落。ダウ工業株30種平均は前日比242ドル85セント安の8691ドル33セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は24.40ポイント安の1547.34で終えた。国際貨物大手フェデックスの前日夕発表の業績見通し下方修正が嫌気された。相場が大幅続伸した後とあって利益確定売りも出やすかった。
 物流を担い景気動向を反映しやすいフェデックスの業績下方修正で、世界景気の厳しさが改めて意識された。フェデックスが10%超下落し、同業のUPSも大幅安。前日までの2営業日でダウ平均は560ドル近く上げていたうえ、前日に心理的節目の 9000ドルを一時上回ったため、売りが出やすい面があった。ディスカウントストア大手ウォルマート・ストアーズの自社株買いの一時停止が午後に伝わったことも、相場の重しとなった。
 前日夕に通信系半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が業績見通しの下方修正を発表したほか、同業のアルテラも売上高見通しを引き下げた。ただ懸念したほど悪い内容ではなかったと受け止められたようで、半導体関連株は堅調だった。ナスダック指数は一時プラス圏で推移し、フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は9.50ポイント高の205.65で終えた。
 S&P500種株価指数の終値は21.03ポイント安の888.67。業種別S&P500種指数は全十業種が下落。「金融」や「一般産業」、「消費循環」の下げが目立った。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約14億4000万株(速報値)、ナスダック市場は約22億9000万株(同)。
 ウォルマートは米証券取引委員会(SEC)提出資料で自社株買いの一時停止を表明、同社の株価は3%下がった。アナリストの目標株価引き下げが伝わった化学大手のスリーエムがさえない。前日まで5日続伸していた銀行大手JPモルガン・チェースが7%近く下げ、下落率はダウ平均で首位だった。前日急伸した自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターが反落した。
 一方、TIが5%近く上昇、アルテラも5%超上げた。前日夕に市場予想を下回る売上高見通しを発表したアナログ半導体大手ナショナル・セミコンダクターは10%超上昇。低調な業績見通しを示した半導体製造装置ノベラス・システムズもしっかり。ダウ銘柄ではインテル、シティグループ、デュポンの三銘柄が上昇した。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8691.33 前日比:-242.85
始値:8934.10 高値:8934.10 安値:8651.74
年初来高値:13279.54 年初来安値:7449.38

ナスダック総合指数
終値:1547.34 前日比:-24.40
始値:1547.99 高値:1602.92 安値:1538.25
年初来高値:2661.50 年初来安値:1295.48

S&P総合500種指数
終値:888.67 前日比:-21.03
始値:906.48 高値:916.26 安値:885.38
年初来高値:1471.77 年初来安値:741.02

米30年国債 3.041% 米10年国債 2.64%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(9日)
DEC08
O 8490(Globex 合算)
H 8585
L 8325
C 8410 大証比+10(イブニング比-70)
Vol 42191
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2751-3265eec4
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、3日ぶり反落 フェデックス下方修正など嫌気 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、3日ぶり反落 フェデックス下方修正など嫌気

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ