Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ121ドル高 金融安定化法案の決着意識し金融高

米国株、ダウ121ドル高 金融安定化法案の決着意識し金融高

 26日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は続伸。前日比121ドル07セント高の1万1143ドル13セントで終えた。金融安定化法案を巡る米政府や議会の修正協議が週末にまとまる可能性が意識され、JPモルガン・チェースなど大手銀行株を中心に金融株が買われて指数を押し上げた。
 一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、3.23ポイント安の2183.34で終えた。前日に慎重な業績見通しを発表した携帯情報端末「ブラックベリー」を手掛けるリサーチ・イン・モーション(RIM)が急落したことなどが重しとなり、小幅安で終えた。
 安定化法案を巡ってはブッシュ米大統領が緊急声明を発表し、金融危機拡大防止へ超党派の取り組みを求めた。ダウ・ジョーンズ通信によれば、協議進展のカギを握る下院共和党が修正協議に参加する姿勢を示した。情勢は引き続き不透明だが、調整進展を意識した買いが取引終了にかけて金融株を中心に入ったようだ。
 S&P500種株価指数は4.09ポイント高の1213.27で終えた。業種別S&P500種指数(全十業種)は「金融」や「消費循環」など五業種が上昇。「素材」や「エネルギー」などが低下した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約11億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約19億 7000万株(同)。
 貯蓄金融機関(S&L)最大手のワシントン・ミューチュアルが25日経営破綻し、JPモルガンによる買収が決まった。JPモルガンは11%上昇。バンク・オブ・アメリカやシティグループも堅調だった。金融株が総じて高いなか大手銀のワコビアが27%安と急落し、業績や財務に対する市場の懸念の根強さを浮き彫りにした。
 ワコビアについては、米ニューヨーク・タイムズ紙電子版が、取引終了直前に「シティとの合併の可能性を模索する予備的な交渉を始めた」と報じている。
 増配を発表したマクドナルドがしっかり。朝方発表した決算で赤字が大きく増えた住宅建設大手KBホームが売り先行後、上げに転じた。一方、RIMは27%安。アップルやグーグルも安い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11143.13 前日比:121.07
始値:11019.04 高値:11168.06 安値:10868.82
年初来高値:13279.54 年初来安値:10459.44

ナスダック総合指数
終値:2183.34 前日比:-3.23
始値:2134.80 高値:2187.53 安値:2134.80
年初来高値:2661.50 年初来安値:2070.22

S&P総合500種指数
終値:1213.27 前日比:4.09
始値:1204.47 高値:1215.77 安値:1187.54
年初来高値:1471.77 年初来安値:1133.50

米30年国債 4.37% 米10年国債 3.852%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(26日)
DEC08
O 12210(Globex 合算)
H 12210
L 11840
C 12120 大証比+160(イブニング比+200)
Vol 12694
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2523-425aa2ac
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ121ドル高 金融安定化法案の決着意識し金融高 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ121ドル高 金融安定化法案の決着意識し金融高

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ