Home > 投資部門別売買動向 > 9月第3週売買動向 外国人が買い戻し、週末にかけての株価反発で

9月第3週売買動向 外国人が買い戻し、週末にかけての株価反発で

 東京証券取引所が26日発表した9月第3週(9月16-19日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人は1144億円の買い越しと3週ぶりに買い越しに転じた。同期間は米国の金融市場の混乱により日本株が大きく乱高下し、週末にかけては米政府による金融安定化策に対する期待で東京市場で投資心理が改善し買い戻しに動いた外国人が多かったとみられる。
 9月第3週は、日経平均株価は週間で293円下落した。米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻、米保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の当局による救済、米政府の金融安定化策の浮上などが続き、日々の日経平均は上下に大きく振れた。こうしたなかで外国人が買い越しに転じたことについては、「株価が反発に転じた週末にかけて外国人の買い戻しが入ったためではないか」(新光証券エクイティ情報部の三浦豊次長)との見方があった。
 個人は2週連続で売り越しだった。売越額は498億円と8月第4週(2887億円)以来の大きさ。現金は196億円、信用取引は301億円のそれぞれ売り越しだった。株価が反発の兆しをみせたタイミングで、戻り売りが増加したとみられる。
 事業法人は6週連続の買い越しだった。買越額は74億円と8月第4週(52億円)以来の小ささだったが、株価下落局面で事業法人は自社株買いを実施する動きが続いたとみられる。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2522-b201d866
Listed below are links to weblogs that reference
9月第3週売買動向 外国人が買い戻し、週末にかけての株価反発で from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 9月第3週売買動向 外国人が買い戻し、週末にかけての株価反発で

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ