Home > 米国株式市場 > 米国株、大幅上昇 ダウ4日ぶり反発、安定化法案成立期待で

米国株、大幅上昇 ダウ4日ぶり反発、安定化法案成立期待で

 25日の米株式相場は大幅高。ダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比196ドル89セント高の1万1022ドル6セントで終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、同30.89ポイント高の2186.57で終えた。金融安定化法案の早期成立期待から買いが優勢となった。
 買いが先行した。前日夜にブッシュ大統領が演説し、法案をめぐる政府と議会の合意を促したことなどを受け、法案をめぐる協議が進展するとの期待感が強まった。朝方発表された週間新規失業保険申請件数や8月の耐久財受注額などの経済指標が市場予想以上に悪化し、やや相場の重しとなった。
 昼ごろにダウ・ジョーンズ通信が上下両院の民主・共和両党の有力議員が安定化法案について基本合意に達したと報じた。法案の詳細はまだ明らかになっていないものの、これを好感してダウ平均は304ドル高まで上げる場面があった。法案をめぐる政府と議会の調整が難航しているとの見方などが売りを誘い、ダウ平均は週初から3日間で約560ドル下げていた。売り方の買い戻しが膨らんだ面もあった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約12億株(速報)。ナスダック市場は約18億7000万株(同)。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では、「通信」と「公益」など九業種が上昇。「金融」は2.6%上げた。
 金融事業の不振などを理由に業績見通しを引き下げたゼネラル・エレクトリック(GE)には売りが先行したものの、相場全体につれて高く終えた。日本たばこ産業と骨粗しょう症治療薬のライセンス契約を結んだと発表した製薬大手メルクも高い。前日夕発表した決算が市場予想を上回ったスポーツ用品大手ナイキが 10%高と大幅上昇。前日夕発表した6-8月期決算で既存店売上高の落ち込みが小さかったと受け止められた家庭雑貨小売り大手ベッド・バス・アンド・ビヨンドも上げた。
 一方、前日スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が格下げを発表した貯蓄金融機関(S&L)大手ワシントン・ミューチュアルは大きく下げた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11022.06 前日比:196.89
始値:10827.17 高値:11129.19 安値:10827.01
年初来高値:13279.54 年初来安値:10459.44

ナスダック総合指数
終値:2186.57 前日比:30.89
始値:2172.47 高値:2210.74 安値:2167.06
年初来高値:2661.50 年初来安値:2070.22

S&P総合500種指数
終値:1209.18 前日比:23.31
始値:1187.87 高値:1220.03 安値:1187.87
年初来高値:1471.77 年初来安値:1133.50

米30年国債 4.41% 米10年国債 3.854%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(25日)
DEC08
O 12000(Globex 合算)
H 12335
L 12000
C 12205 大証比+165(イブニング比+145)
Vol 19139
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2518-6cd00889
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅上昇 ダウ4日ぶり反発、安定化法案成立期待で from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、大幅上昇 ダウ4日ぶり反発、安定化法案成立期待で

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ