Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ小反発 雇用統計悪化も金融に買い、ナスダック小幅安

米国株、ダウ小反発 雇用統計悪化も金融に買い、ナスダック小幅安

 5日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は小反発。前日比32ドル73セント高の1万1220ドル96セントで終えた。雇用統計悪化を受け売りが先行したが、前日に急落していたため値ごろ感からの買いが入った。一方、ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同3.16ポイント安の2255.88で終えた。
 朝方発表の雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比8万4000人減と市場予想(7万5000人減)以上に減少し、6、7月分も下方修正された。さらに失業率が前月の5.7%から6.1%に急上昇。景気の先行き不透明感につながり、寄り付きの相場は売り優勢だった。
 携帯電話世界最大手であるフィンランドのノキアが7-9月期の携帯電話の世界市場でのシェアが4-6月期に比べ低下すると発表。消費者心理の弱さが携帯電話市場全体に悪影響を与えると指摘したこともあり、モトローラなど同業大手がつれ安した。世界的な景気悪化による需要減少への懸念が引き続きハイテク株全般の重しとなった面もあった。
 ダウ平均は一時、150ドル安まで下げる場面があった。ただ朝方軟調だった金融株が買い戻され相場を押し上げたため、ダウ平均は上げに転じて終えた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約11億9000万株(速報)。ナスダック市場は約22億4000万株(同)。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では、「金融」など五業種が上昇。「公益」などが下げた。
 ゴールドマン・サックスのアナリストが4日付のリポートで投資判断を「売り」に引き下げたメリルリンチは上げに転じて終えた。韓国のサムスン電子が買収を検討していると報じられたフラッシュメモリー大手のサンディスクが急騰。たばこ大手アルトリア・グループと買収をめぐって協議していると報じられた無煙たばこメーカーのUSTも25%高だった。アルトリアも高い。
 一方、ノキアが7%超安い。ダウ平均構成銘柄ではマイクロソフトやユナイテッド・テクノロジーズの下げが大きかった。
 引け後にウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)が、財務省による連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の救済策取りまとめが近いと報じた。通常取引を高く終えたファニー、フレディは時間外取引では一時買い優勢になる場面があった。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11220.96 前日比:32.73
始値:11185.63 高値:11245.15 安値:11037.85
年初来高値:13279.54 年初来安値:10827.71

ナスダック総合指数
終値:2255.88 前日比:-3.16
始値:2240.97 高値:2264.35 安値:2216.99
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1242.31 前日比:5.48
始値:1233.21 高値:1244.94 安値:1217.23
年初来高値:1471.77 年初来安値:1200.44

米30年国債 4.302% 米10年国債 3.699%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(5日)
SEP08
O 12180(Globex 合算)
H 12230
L 11990
C 12175 大証比-25(イブニング比+55)
Vol 20386
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2458-f785c35e
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ小反発 雇用統計悪化も金融に買い、ナスダック小幅安 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ小反発 雇用統計悪化も金融に買い、ナスダック小幅安

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ