Home > サブプライムローン問題 > 米ホームエクイティローンは、金融機関の新たな火薬庫か①

米ホームエクイティローンは、金融機関の新たな火薬庫か①

HELの残高内訳 大恐慌以来と言われる住宅価格の大幅下落基調によって、米国ではサブプライムローン(信用力の低い顧客層向け住宅融資)を中心に住宅ローンの焦げ付きが広がっている。ただ、住宅を担保としたローンは通常の住宅ローンばかりではない。日本ではまだなじみは薄いが、米国では住宅の時価からローンの額を引いた純資産(エクイティ)を担保にしたローン、いわゆるホームエクイティローン(HEL)が極めて一般化しており、米国の個人消費を刺激し、好景気をもたらしてきた。
 HELには一括して融資実行が行われるクローズドエンド型のローンと、融資枠内なら何度でも引き出せるクレジットライン型のローン(通常HELOC)がある。通常の住宅ローンが第1抵当であるのに対し、HELは第2抵当である。米連邦預金保険機構(FDIC)によると、2008年3月末現在のHEL残高は約8800億ドル(約94兆円)。過去6年で3倍近くに膨れ上がっており、他のローンと比べても伸びは突出している。
 内訳は、一括型が2542億ドルに対し、HELOCが6252億ドル。しかも、このHELOCの額には融資枠の未利用部分(FDICによると07年末現在7186億ドル)は含まれていない。いかに膨大な信用が供与されたかがわかるだろう。一部にはブローカーが介在した融資もあり、これらは審査も甘く、ローンの質劣化も比較的激しいとされる。
HELの種類 03年ごろからの住宅ブームと借り入れ基準の緩和に伴い、米国の消費者はHELを使ってさまざまな消費に充ててきた。使い道としては、住宅の増築や改修、借金の返済(借り換え)、自動車購入が多い。ここ数年は、住宅ローンの頭金が用意できない場合に不足資金をHELで借り入れる「ピギーバック・ローン」も人気を呼び、サブプライム層などの利用急増にもつながったとされる。借り手にとっては税額控除の優遇措置があるほか、クレジットカードローンよりも金利がはるかに低く利用しやすい。また、貸し手にとっても、第一抵当の住宅ローンよりは金利が高く、担保価値が上昇を続ける環境下では回収不能となる心配も少なかった。
 ところがこの1-2年の住宅バブル崩壊が状況を一変させつつある。含み益は減少に転じ、場合によっては含み損の状況に陥っている。HELを拡大してきた金融機関は急速に融資姿勢を厳格化し、新規融資を絞り込んでいる。

②に続く
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2419-f2911f5c
Listed below are links to weblogs that reference
米ホームエクイティローンは、金融機関の新たな火薬庫か① from 株式市場と経済ニュース
Trackback from 時給拾円未満 2008-08-27 Wed 19:18:36

銀行カードローンの安心がさらに進化

■ お手持ちのカードからランクアップリザーブドプランなら最高500万円まで、初めてのお借り入れでも300万円までご利用可能。カードローン最高級のゆとりある限度額で、大きな安心をお届けします。■ お支払いを一本化限度額の小さいカードを複数利用すると、異なる返済日... (more…)

Home > サブプライムローン問題 > 米ホームエクイティローンは、金融機関の新たな火薬庫か①

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ