Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ平均が続伸 原油下落で小売株などに買い

米国株、ダウ平均が続伸 原油下落で小売株などに買い

 15日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は続伸。前日比43ドル97セント高の1万1659ドル90セントで終えた。原油先物相場の下落を受けて米景気懸念が和らぎ、買いが優勢となった。一方、ナスダック総合株価指数は小反落し、同1.15ポイント安の2452.52で終えた。前日に6月以来の高値を付けた後とあって、利益確定売りがやや優勢となった。
 原油先物相場が一時111ドル台と5月初め以来の安値を付け、企業業績や個人消費の押し上げにつながるとの期待を誘った。8月のニューヨーク連銀景気指数が4カ月ぶりにプラスに転じ、市場予想を上回ったことも支援材料。市場予想を上回る決算を発表したJCペニーなど小売り関連株の一角が堅調に推移した。ダウ平均は90ドル超上げる場面があった。
 ただ、8月の消費者態度指数速報値(ミシガン大学調べ)が市場予想を小幅に下回ったと伝わったことをきっかけに売りが優勢となる場面もあった。シェブロンなど石油関連株が売られたことも上値を押さえ、相場は総じて方向感に乏しかった。
 業種別S&P500種株価指数では全十種のうち、「通信サービス」「金融」「消費安定」など八種が上昇。「エネルギー」などが下落。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は(速報)で約11億7000万株。ナスダック市場(速報)は約17億9000万株だった。
 決算が市場予想を上回った小売りのコールズが上昇。ダウ平均構成銘柄ではプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)やシティグループなどが高い。
 一方、アナリストが業績について慎重な見方を示したゴールドマン・サックスが2%下落。IBMやマイクロソフトも売られた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11659.90 前日比:43.97
始値:11611.21 高値:11709.89 安値:11599.73
年初来高値:13279.54 年初来安値:10827.71

ナスダック総合指数
終値:2452.52 前日比:-1.15
始値:2466.97 高値:2473.20 安値:2441.05
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1298.20 前日比:5.27
始値:1293.85 高値:1302.05 安値:1290.74
年初来高値:1471.77 年初来安値:1200.44

米30年国債 4.463% 米10年国債 3.835%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(15日)
SEP08
O 12995(Globex 合算)
H 13065
L 12915
C 12960 大証比-70(イブニング比-90)
Vol 9829
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2397-ed82493a
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ平均が続伸 原油下落で小売株などに買い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ平均が続伸 原油下落で小売株などに買い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ