Home > 米国株式市況 > 米国株、急反発 ダウ上げ幅300ドル超、FOMC・原油安受け

米国株、急反発 ダウ上げ幅300ドル超、FOMC・原油安受け

NY証券取引所 5日の米国株式相場は4営業日ぶりに急反発。ダウ工業株30種平均は前日比331ドル62セント高の1万1615ドル77セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は64.27ポイント高の2349.83で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きを決定。FOMC後の声明や表決で懸念したほどFRBの強いインフレ警戒姿勢が示されなかったと受け止められ、買いが優勢になった。
 原油先物相場が大幅に下落したことも、原油高が業績の打撃となる自動車や小売りなど個人消費関連銘柄を中心に支援材料となった。午前10時発表の7月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数は市場予想を上回り、午前の株式相場を押し上げる要因になった。ダウ平均は7月下旬以来の高値で、ナスダック指数は6月下旬以来の高値。ダウの上げ幅は4月上旬以来約4カ月ぶりの大きさ。
 S&P500種株価指数は35.87ポイント高の 1284.88で終えた。業種別S&P指数は全十業種が上昇。「金融」や「消費循環」の上昇が目立った。一方、「エネルギー」や「素材」の上昇は限定的だった。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約14億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約23億7000万株(同)。
 個別では決算が市場予想を上回った日用品大手のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)がしっかり。アナリストの投資判断引き上げが伝わった保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)と、資産運用部門の売却を検討していると伝わった証券大手リーマン・ブラザーズが10%超上げた。ゼネラル・モーターズ(GM)や百貨店のメーシーズが堅調。
 一方、原油安を受けてシェブロンが小安い。シェブロンはダウ平均構成銘柄で唯一の下げ銘柄。赤字決算を発表した住宅建設のDRホートンがさえない。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11615.77 前日比:331.62
始値:11286.02 高値:11615.93 安値:11286.02
年初来高値:13279.54 年初来安値:10827.71

ナスダック総合指数
終値:2349.83 前日比:64.27
始値:2310.02 高値:2349.83 安値:2303.63
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1284.88 前日比:35.87
始値:1254.87 高値:1284.88 安値:1254.67
年初来高値:1471.77 年初来安値:1200.44

米30年国債 4.641% 米10年国債 4.017%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(5日)
SEP08
O 12960(Globex 合算)
H 13200
L 12950
C 13175 大証比+255(イブニング比+155)
Vol 12568
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2361-ce89fb8b
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、急反発 ダウ上げ幅300ドル超、FOMC・原油安受け from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、急反発 ダウ上げ幅300ドル超、FOMC・原油安受け

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ