Home > 投資部門別売買動向 > 7月4週売買動向 外国人が5週ぶり買い越し、個人は売り越し

7月4週売買動向 外国人が5週ぶり買い越し、個人は売り越し

 東京証券取引所が31日発表した7月4週(22―25日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人は5週ぶりに買い越しに転じた。買越額は133億円だった。前週は1780億円の売り越し。一方、個人は7週ぶりに売り越しに転じた。売越額は2024億円で、5月第3週(12―16日)に2936億円売り越して以来の高水準だった。金融不安の後退期待を背景に外国人投資家が買い戻しの動きを強めた一方、株価水準が上昇したことで個人投資家は戻り待ちの売りを先行させたようだ。
 この週の日経平均株価は531円上昇し、約1カ月ぶりに心理的な節目の1万3500円を上回る場面があった。米国の金融機関の決算が市場予想よりも悪くなかったことや米政府系住宅金融公社の救済策を含む住宅関連法案が成立の見通しになったことなどを背景に、外国人主導で上昇した。外国人は同じ週に先物も大幅に買い越していた。
 個人は現金、信用ともに売り越し。株価水準の上昇で含み損を抱えた信用買いの手じまい売りや手持ち株の処分を急ぐ一方、先行きへの警戒は根強く現金での買いは手控えられた。現金での買い金額は4770億円で、今年最低だった。
 信託銀行は2週連続で売り越し。売越額は364億円で前の週の561億円からは減少していたものの、売り越し基調が続いた。投資信託は5週ぶりに、都銀・地銀は3週ぶりに、いずれも売り越した。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2346-c768bc9b
Listed below are links to weblogs that reference
7月4週売買動向 外国人が5週ぶり買い越し、個人は売り越し from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 7月4週売買動向 外国人が5週ぶり買い越し、個人は売り越し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ