Home > 米国株式市況 > 米国株、下落 金融株中心に売り、ヤフーは急伸

米国株、下落 金融株中心に売り、ヤフーは急伸

NY証券取引所 7日の米国株式相場で、ダウ工業株30種平均は反落。3日終値に比べ56ドル58セント安の1万1231ドル96セントで終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は小幅ながら3日続落し、2.06ポイント安の2243.32で引けた。原油安を好感して買いが先行したが、市場心理が引き続き弱く、金融株を中心に売りが優勢となった。
 朝方はドル相場が堅調に推移したほか、原油先物相場が大幅安となったことを好感し、主な株価指数は上昇して始まった。追加リストラ策が報じられたゼネラル・モーターズ(GM)や、マイクロソフトが買収を含めて再交渉に関心を示したヤフーが上昇したことも株価の支援材料となった。ダウ平均の上げ幅は一時100ドルを超えた。
 ただ、正午前から株価は急速に伸び悩み、午後になって下げに転じた。金融機関の財務・業績懸念がくすぶっており、米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)や連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)が急落するなど、金融株の下げがきつくなった。サンフランシスコ連銀のイエレン総裁が講演で、金融市場が一段と悪化する可能性を指摘する一方、インフレ警戒感を示したと伝わったことが嫌気されたとの見方もあった。ダウ平均は100ドル超下げる場面もあった。
 ダウ平均やナスダック指数は再び上昇する場面もあったが、結局下げて終えた。
 S&P500種株価指数は反落し、10.59ポイント安の1252.31と、2006年7月21日以来の安値で終えた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約15億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約23億5000万株(同)だった。
 ファニーメイは16%、フレディマックは18%下落。バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェースはダウ平均構成銘柄で下落率上位となった。アナリストが投資判断を引き下げたメルク、ウォルト・ディズニーも安い。原油安を受けてエクソンモービルやシェブロンが売られた。
 半面、ヤフーは12%高。マイクロソフトが小高い。GMも上昇。傘下の米メディア大手NBCユニバーサルが気象情報サービス大手ウェザーチャンネルを買収すると伝わったゼネラル・エレクトリック(GE)が買われた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11231.96 前日比:-56.58
始値:11289.19 高値:11399.11 安値:11120.74
年初来高値:13279.54 年初来安値:11120.74

ナスダック総合指数
終値:2243.32 前日比:-2.06
始値:2258.52 高値:2276.54 安値:2214.16
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1252.31 前日比:-10.59
始値:1262.90 高値:1273.95 安値:1240.68
年初来高値:1471.77 年初来安値:1240.68

米30年国債 4.484% 米10年国債 3.9%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(7日)

O 13425(Globex 合算)
H 13535
L 13260
C 13385 大証比+15(イブニング比+5)
Vol 13749
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2275-2453dfc0
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、下落 金融株中心に売り、ヤフーは急伸 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、下落 金融株中心に売り、ヤフーは急伸

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ