Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ反発 雇用悪化も事前織り込み、ハイテク指数は小幅安

米国株、ダウ反発 雇用悪化も事前織り込み、ハイテク指数は小幅安

NY証券取引所 3日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は反発。前日比73ドル3セント高の1万1288ドル54セントで終えた。6月の雇用統計が事前に懸念したほど悪くなかったと受け止められ、安心感からの買いが優勢となった。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に続落。同6.08ポイント安の 2245.38と、3月19日以来の安値で終えた。半導体株が売りに押されたことが響いた。
 雇用統計で非農業部門の雇用者数は前月比6万 2000人減となり、市場予想(5万5000人減)以上に減少した。失業率は前月と同じ5.5%。ただ、最近の雇用指標の悪化などから市場予想を大きく上回る雇用減少になるとの思惑も出ていたため、懸念したほど雇用悪化は進まなかったとの安心感が広がった。ダウ平均は前日に2006年8月以来の安値を付けていたため、値ごろ感からの買いも入りやすかった。
 早朝に1バレル145ドル台後半まで急伸した原油先物相場が、株式市場の取引時間帯は伸び悩んで推移したことも支援材料だった。ダウ平均は120ドル超上げる場面もあった。ただ、6月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数で、総合指数が48.2と3カ月ぶりに好不況の分かれ目である50を下回ったほか、週間の新規失業保険申請件数は大幅に増加した。米景気悪化への警戒感から売りが出て、ダウ平均は下げに転じる場面もあった。
 画像処理半導体エヌビディアが前日夕に業績見通しを下方修正し、同社株が30%超の急落。インテルなどほかの半導体株もつれ安したことで、ハイテク指数は売りに押された。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は約1%下げた。
 S&P500種株価指数は1.38ポイント高の1262.90で終えた。業種別S&P500種株価指数(全十業種)は「一般産業」など六業種が上昇。「通信サービス」など四業種が下げた。
 ナスダック市場の売買高は約14億株(速報値)。ニューヨーク証券取引所(NYSE)は約9億3000万株(同)だった。この日は米独立記念日の祝日前で午後一時までの短縮取引だった。
 ダウ銘柄はユナイテッド・テクノロジーズなど22銘柄が上げた。メディア企業との事業提携検討の報道が伝わったヤフーが高い。半面、インテルは1.3%安。アナリストが利益見通しを引き下げたAT&Tが軟調。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11288.54 前日比:73.03
始値:11216.00 高値:11337.48 安値:11157.21
年初来高値:13279.54 年初来安値:11157.21

ナスダック総合指数
終値:2245.38 前日比:-6.08
始値:2257.83 高値:2262.96 安値:2227.80
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1262.90 前日比:1.38
始値:1262.96 高値:1271.48 安値:1252.01
年初来高値:1471.77 年初来安値:1252.01

米30年国債 4.535% 米10年国債 3.975%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(3日)
SEP08
O 13270(Globex 合算)
H 13465
L 13215
C 13365 大証比+145(イブニング比+135)
Vol 2609
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2265-fae80c49
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ反発 雇用悪化も事前織り込み、ハイテク指数は小幅安 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ反発 雇用悪化も事前織り込み、ハイテク指数は小幅安

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ