Home > 米国株式市況 > 米国株、急反落 雇用指標や原油高を嫌気

米国株、急反落 雇用指標や原油高を嫌気

NY証券取引所 2日の米国株式相場で、ダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに急反落。前日比166ドル75セント安の1万1215ドル51セントと、2006年8月14日以来の安値で終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は急反落し、53.51ポイント安の2251.46と、3月19日以来の安値で引けた。弱い米雇用指標や原油高などを受けて、売りが優勢となった。
 朝方は、ドイツ銀行が4―6月期の決算が黒字になるとの見通しを発表したほか、アナリストが米地銀のフィフス・サード・バンコープの投資判断を引き上げたことなどを手掛かりに、金融株が底堅く推移。午前中は主な株価指数も上昇する場面があった。
 ただ、次第に売りが優勢となった。雇用サービス会社オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)が早朝に発表した6月の全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)が前月から予想以上に減少。3日に雇用統計の発表を控え、米雇用情勢への懸念を誘った。アナリストが投資判断を引き下げたゼネラル・モーターズ(GM)が急落したことも、市場心理を冷やした。
 この日は原油先物相場が急伸し、時間外取引では初の1バレル144ドル台に乗せた。これを嫌気して、株価は引けにかけて下げ幅を広げた。ダウ平均は昨年10月9日に付けた過去最高値からの下落率が、「弱気相場」入りの目安とされる2割を超えて終えた。
 S&P500種株価指数は3営業日ぶりに反落し、23.39ポイント安の1261.52で引けた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約15億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約24億4000万株(同)だった。
 GMは15%安の9.98ドルと、10ドルを割り込んで終えた。フォード・モーターもつられて大幅安。ダウ構成銘柄ではアルコアが6%超、キャタピラーが 5%弱下げた。アナリストが利益見通しを下方修正したメリルリンチも下落した。追加増資の必要はないと指摘したことが伝わったスイスの銀行大手UBSは下げた。
 半面、ドイツ銀、フィフス・サード・バンコープは上昇。マイクロソフトが検索事業の買収を目指し、これに加わる提携先を探していると報じられたヤフーが高い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:11215.51 前日比:-166.75
始値:11382.34 高値:11434.12 安値:11214.37
年初来高値:13279.54 年初来安値:11183.43

ナスダック総合指数
終値:2251.46 前日比:-53.51
始値:2313.77 高値:2317.20 安値:2251.30
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1261.52 前日比:-23.39
始値:1285.82 高値:1292.17 安値:1261.51
年初来高値:1471.77 年初来安値:1256.98

米30年国債 4.502% 米10年国債 3.958%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(2日)
SEP08
O 13395(Globex 合算)
H 13520
L 13200
C 13210 大証比-80(イブニング比-210)
Vol 14821
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2261-752d355d
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、急反落 雇用指標や原油高を嫌気 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、急反落 雇用指標や原油高を嫌気

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ