Home > 株式市場ニュース > 米の投機マネー規制焦点に 商品指数ファンド悪玉論が浮上

米の投機マネー規制焦点に 商品指数ファンド悪玉論が浮上

 ニューヨーク原油先物相場が過去最高値を更新し続けるなか、米国が原油市場の投機マネー抑制に本腰を入れ始めた。米商品先物取引委員会(CFTC)が投機マネーの監視強化や実態の解明に乗り出したほか、米議会でも複数の議員が投機マネー抑制の法案を準備している。こうした動きで目立つのが、商品指数ファンドに対する厳しい見方。商品指数ファンドが「悪玉」として浮上してきた。
 商品指数ファンドとは、原油、金、穀物など複数の相場を数値化した統合指数に連動する投資ファンド。運用残高はこの4、5年で10倍とも20倍ともいわれる水準に膨らんでいる。

CRB指数

 これまで商品指数ファンドはまさに野放し状態。というのも、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーといった米国を代表する投資銀行が絡む取引が多いが、これらの投資銀行は石油会社など原油の実需家同様に貯蔵タンクを持ち、現物取引も行っている。取引上の分類は「非実需家」ではなく、「実需家」として扱われることが多いという。
 商品先物取引では「非実需家」には厳しい持ち高制限が課されているが、「実需家」は、ヘッジ(保険つなぎ)取引と見なされれば持ち高制限は緩い。
 しかも商品指数ファンドの運用のほとんどが中長期のバイ・アンド・ホールド(買い持ち)。指数に占める原油の比率も3―4割と高く、マネーが流入しやすい構図になっている。
 今後の焦点は米国が投機マネーの監視強化だけではなく、規制に動くかどうか。リーバーマン上院議員はこのほど、商品指数ファンドを通じた投機を規制する法案を公表し、近く議会に提出するという。米国が金融資本主義の根幹にある投資銀行の規制に踏み込むとは考えにくいが、世界的なインフレ懸念が強まるなかで一歩踏み込んだ投機の抑制に動く公算は大きい。米国の次の一手は原油市況を大きく左右する。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2245-5743ee3b
Listed below are links to weblogs that reference
米の投機マネー規制焦点に 商品指数ファンド悪玉論が浮上 from 株式市場と経済ニュース
Trackback from 時給百円未満 2008-07-01 Tue 20:07:07

1日5分の「楽々投資家への道!」

恥ずかしい話なのですが、わたしは、実は10年前まで、7年間もの間、赤字つづき、失敗続きの貧乏投資家でした。「お前の人生こんなのでいいのか?」「将来のこと少しは考えなさい。もう30歳過ぎたんだから・・・」と、友人、痴人、家族にも諭されるぐらい、お先真っ暗... (more…)

Home > 株式市場ニュース > 米の投機マネー規制焦点に 商品指数ファンド悪玉論が浮上

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ