Home > 株式市場ニュース > 米金利2%据え置き、利下げひとまず休止 インフレに警戒感

米金利2%据え置き、利下げひとまず休止 インフレに警戒感

連邦準備理事会 FRB 米連邦準備理事会(FRB)は25日開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、最重要の政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の年2.0%で据え置くことを賛成多数で決定した。インフレ懸念の高まりを受け、昨年九月から続けてきた利下げをひとまず休止した。声明は物価の上振れリスクに言及。インフレへの警戒感を明確にした。
 FRBは同日、民間金融機関向けの貸出金利である公定歩合も現行の年2.25%で据え置きとした。FOMC終了後に発表した声明は、米経済情勢について「景気は総じて拡大を続けている」と指摘。「経済活動は引き続き弱い」とした前回4月のFOMC声明より、景気判断をやや上方修正した。
 経済成長が下振れする可能性に言及しながらも「リスクはいくぶん小さくなっているようだ」と分析。深刻な景気後退回避に向けた追加利下げは、現時点では不要との認識を示した。
 一方、物価についてはエネルギーや商品価格の上昇から、前回4月の声明と同様に「物価見通しの不透明さは高止まりしている」と指摘。さらに、実際の物価上昇率と、家計や企業が将来の物価上昇を予想する「インフレ期待」について「上振れするリスクが増している」との表現を新たに加え、インフレへの警戒感を明確にした。
 FRBは信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の表面化を受け、昨年9月から今年4月にかけて7回の利下げを実施。FF金利を年5.25%から年2.0%まで引き下げてきた。物価上昇率を勘案した実質短期金利はマイナスとなっている。
 今回利下げをいったん休止したことで、景気後退と金融危機の回避を最優先してきたFRBの金融政策運営は、景気とともにインフレ懸念にも配慮する姿勢に転換した。
 ただ声明は「雇用市場が一段と軟化し、金融市場は引き続きかなりの緊張下にある」と指摘。「信用収縮や住宅市場の調整、エネルギー価格の上昇が今後、数四半期にわたり経済成長の重しになる」と景気の先行きに慎重な見方も示しており、早期利上げをにじませる内容にはなっていない。
 FRBにとって悩ましいのは原油価格などの高騰が米景気の減速感を強める面があることだ。食料品やガソリンの値上がりは買い物や遠出を控える動きに拍車をかけ、消費を冷やしかねない。原料高が企業の生産や投資を下押しする力も大きい。FRBのコーン副議長は「夏場に向けて経済活動は弱まる」と認める。
 住宅市場の不振や雇用の減少も続き、FRBが直ちにインフレ対応を理由に利上げに踏み切る展望は開けない。FOMCの十人の委員のうち25日に利上げを唱えたのはダラス連銀のフィッシャー総裁だけ。フィッシャー氏は過去にも利下げに反対するなど、インフレ抑制を重視する「タカ派」。異論は織り込み済みで、むしろ反対が一票だけだった事実の方がFRBの様子見を映し出す。
 FOMCの声明は「必要に応じて行動する」と決まり文句を掲げ、次の政策の方向性を示さなかった。広い選択肢を確保できる半面、景気や金融市場の先行きに確信を持てない気迷いも浮かぶ。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2238-a1090705
Listed below are links to weblogs that reference
米金利2%据え置き、利下げひとまず休止 インフレに警戒感 from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > 米金利2%据え置き、利下げひとまず休止 インフレに警戒感

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ