Home > サブプライムローン問題 > 元ベアー幹部2人訴追 米当局、ファンド破綻で立件

元ベアー幹部2人訴追 米当局、ファンド破綻で立件

 米連邦検察当局は19日、証券詐欺などの疑いから、米大手証券ベアー・スターンズの元幹部二人をニューヨーク連邦地裁に訴追した。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)関連の金融商品を運用していたベアー傘下のヘッジファンドが破綻した際に間違った情報を提供し、投資家を欺いた疑いが持たれている。幹部二人は最大で25年の禁固刑を受ける可能性がある。
 全世界で金融不安を引き起こしたサブプライムローン問題に関連して、有力金融機関の幹部が訴追されたのは初めて。今後、住宅への過剰融資を許し、リスクを軽視した証券化など、ウォール街の犯罪が解明される端緒となりそうだ。
米ベアー・スターンズのラルフ・シオフィ容疑者(中央) 訴追されたのは、ベアー傘下のヘッジファンド2本(ハイグレード・ストラクチャード・クレジットストラテジーズ・マスターファンドとエンハンスト・マスターファンド)を運用していたラルフ・シオフィ容疑者(52)とマシュー・タニン容疑者(46)。共謀、証券詐欺、有線通信不正行為、インサイダー取引の疑いがもたれている。同ファンドはサブプライムローンなどを組み込んだ複雑な証券化商品に投資し、高格付けと安全性をうたい文句に2006年段階で14億ドルを運用していた。
 同ファンドは昨年春先から運用成績が急速に悪化。二人はファンド閉鎖などを社内で検討する一方で、投資家や債権者からの資金引き揚げを防ぐ目的で楽観的な運用見通しを公開した。元幹部の一人はファンドの運用成績悪化を知りつつ、自分の投資資金だけを同ファンドから回収しており、インサイダー取引違反の疑いも持たれている。
 同ファンドは昨年夏に破綻し、少なくとも10億ドルの損失を出した。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2218-59d8933d
Listed below are links to weblogs that reference
元ベアー幹部2人訴追 米当局、ファンド破綻で立件 from 株式市場と経済ニュース

Home > サブプライムローン問題 > 元ベアー幹部2人訴追 米当局、ファンド破綻で立件

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ