Home > 経済証券用語解説 > 先物取引のロールオーバーとは

先物取引のロールオーバーとは

 先物やオプション取引では一定期間ごとに最終売買日を迎えます。決済日が最も近い期近物の取引から、期先物へ乗り換えることをロールオーバーといいます。これにより、投資家は取引残高を維持することができます。
 株価先物やオプション取引は、現物株との価格のゆがみ(スプレッド)に着目して収益を上げたり、現物株の値下がりリスクを緩和したりするために、主に機関投資家が活用します。3、6、9、12月の3カ月ごとに最終売買日が来ますが、投資家は最終売買日までに未決済の取引残高(建玉)を反対売買し損益を確定するか、ロールオーバーで期先物へ乗り換えます。反対売買もロールオーバーもしない場合、最終売買日の翌日に算出される特別清算指数(SQ)に基づき、強制的に建玉が決済されます。
 ロールオーバーは通常、最終売買日の1-2週間前から徐々に行われます。ロールオーバーの進ちょく状況は期近物と期先物の建玉の推移で確認できます。ロールオーバーが順調に進まず建玉が高水準のままだと、SQ算出日に向けて仕掛け的な短期売買が膨らみ、相場を不安定にする要因になることもあります。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2165-2f81ee21
Listed below are links to weblogs that reference
先物取引のロールオーバーとは from 株式市場と経済ニュース

Home > 経済証券用語解説 > 先物取引のロールオーバーとは

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ