Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ4日続落 信用不安やFRB議長発言で ナスダックは反発

米国株、ダウ4日続落 信用不安やFRB議長発言で ナスダックは反発

 4日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は4日続落。前日比12ドル37セント安の1万2390ドル48セントと、4月15日以来の安値で終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発し、22.66ポイント高2503.14で引けた。底堅い景気指標や原油安が支援材料となる半面、信用不安が引き続き嫌気された。
 民間雇用サービス会社オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)が発表した5月の全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)が市場予想に反して増加。サプライマネジメント協会(ISM)が発表した5月の非製造業景況感指数が市場予想を上回ったこともあり、米景気への過度の懸念が後退し、株価の下支えとなった。
 昼過ぎにムーディーズ・インベスターズ・サービスが、金融保証会社(モノライン)のMBIAなどを、格下げ方向で見直すと発表した。信用不安が改めて強まり、それまで買われていた金融株に売りが広がった。米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長がインフレへの強い警戒感を示したことも嫌気され、ダウ平均は下げに転じて終えた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約13億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約21億9000万株(同)だった。
 アナリストが利益見通しや目標株価を引き下げたと伝わったバンク・オブ・アメリカが2%下落し、過去1年(52週)の安値を付けた。MBIAは16%近く下落。同様にムーディーズが格下げ方向での見直しを発表したモノラインのアムバック・ファイナンシャル・グループは17%安だった。
 半面、幹部が会社予想の達成に自信を示したことが伝わったアメリカン・エキスプレス(アメックス)が上昇。投資判断の引き上げが伝わったリーマン・ブラザーズ、モルガン・スタンレーが高い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:12390.48 前日比:-12.37
始値:12391.86 高値:12496.16 安値:12338.78
年初来高値:13279.54 年初来安値:11634.82

ナスダック総合指数
終値:2503.14 前日比:22.66
始値:2470.37 高値:2518.71 安値:2470.37
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1377.20 前日比:-0.45
始値:1376.26 高値:1388.18 安値:1371.74
年初来高値:1471.77 年初来安値:1256.98

米30年国債 4.698% 米10年国債 3.976%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(4日)
JUN08
O 14235(Globex 合算)
H 14435
L 14215
C 14365 大証比-15(イブニング比+115)
Vol 27750
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2153-a24aaa8a
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ4日続落 信用不安やFRB議長発言で ナスダックは反発 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ4日続落 信用不安やFRB議長発言で ナスダックは反発

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ