Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅続落 原油急騰やFOMC議事要旨を嫌気

米国株、大幅続落 原油急騰やFOMC議事要旨を嫌気

ダウ工業株30種(ドル)
終値:12601.19 前日比:-227.49
始値:12824.94 高値:12862.47 安値:12573.67
年初来高値:13279.54 年初来安値:11634.82

ナスダック総合指数
終値:2448.27 前日比:-43.99
始値:2494.75 高値:2508.90 安値:2444.99
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1390.71 前日比:-22.69
始値:1414.06 高値:1419.12 安値:1388.81
年初来高値:1471.77 年初来安値:1256.98

米30年国債 4.539% 米10年国債 3.807%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(21日)
JUN08
O 13985(Globex 合算)
H 14025
L 13725
C 13765 大証比-155(イブニング比-215)
Vol 14771

 21日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は大幅続落。前日比227ドル49セント安の1万2601ドル19セントで終え、4月15日以来の安値を付けた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続落し、終値は43.99ポイント安の2448.27となった。原油価格の急伸が嫌気されたほか、4月29―30日開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け、利下げ休止観測やインフレ警戒感が一段と広がったことが売りにつながった。
 21日の原油先物相場は一時1バレル133ドル台まで上昇し、過去最高値を更新した。原油高が個人消費や企業業績に一段と悪影響を及ぼすとの懸念が強まった。アメリカン航空の持ち株会社AMRが同日、原油高騰を理由に同社の運航能力を削減すると発表。AMRを含む航空株はアナリストの目標株価や業績見通しの引き下げもあって軒並み急落した。消費関連株に加え、業績悪化懸念の強い金融株も大きく売られた。
 午後に公表されたFOMC議事要旨は4月の利下げ決定は大半の委員にとって「微妙な判断だった」ことが明らかになった。インフレ上昇圧力を懸念する声もあがった。さらに同時に公表された四半期の経済見通しでは、2008年の成長率見通しが引き下げられる一方、失業率や物価見通しは上方修正された。金融政策や景気の先行きに不透明感が広がり、株価は一段安となった。ダウ平均は下げ幅が255ドルに達する場面もあった。
 S&P500種株価指数は22.69ポイント安の1390.71で終えた。業種別S&P500種株価指数は「素材」「金融」を筆頭に十業種がすべて下げた。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は1.3%安となった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約13億9000万株(速報値)、ナスダック市場は約22億株(同)だった。
 ダウ構成銘柄は全30銘柄が下落。シティグループが5%近く下げた。AMRは24%急落。コンチネンタル航空やデルタ航空はともに10%超の下落となった。ムーディーズが大幅安。コンピューターシステムの入力ミスで、傘下の格付け会社が一部の証券化商品に誤って最上級格付けを与えていたと報じられた。
 半面、アナリストが投資判断を引き上げたマイクロン・テクノロジーが堅調だった。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2102-dab93cb1
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅続落 原油急騰やFOMC議事要旨を嫌気 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅続落 原油急騰やFOMC議事要旨を嫌気

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ