Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ続落 FOMC前で様子見、メルク急落、ナスダック横ばい

米国株、ダウ続落 FOMC前で様子見、メルク急落、ナスダック横ばい

ダウ工業株30種(ドル)
終値:12831.94 前日比:-39.81
始値:12870.37 高値:12889.83 安値:12804.66
年初来高値:13279.54 年初来安値:11634.82

ナスダック総合指数
終値:2426.10 前日比:1.70
始値:2417.57 高値:2435.38 安値:2412.10
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1390.94 前日比:-5.43
始値:1395.61 高値:1397.00 安値:1386.70
年初来高値:1471.77 年初来安値:1256.98

米30年国債 4.551% 米10年国債 3.819%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(29日)
JUN08
O 14015(Globex 合算)
H 14015
L 13855
C 13910 大証比+20(イブニング比-40)
Vol 14856

 29日の米国株式相場で、ダウ工業株30種平均は続落し、前日比39ドル81セント安の1万2831ドル94セントで終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数はほぼ横ばい、同1.70ポイント高の2426.10で終えた。翌日に発表する米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や声明文を見極めたいとの見方から、様子見ムードが強かった。
 前日に続き終日小動きだった。朝方発表された2月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数では全米十大都市、全米20大都市の価格指数の前年同月比下落率がともに拡大。住宅価格が下げ止まっていないことが明らかになった。午前中ごろ発表された4月の消費者信頼感指数は前月から低下した。悪い経済指標が続いて売り物がやや優勢になったが、FOMCを控えた市場の反応は限られた。
 市場では米連邦準備理事会(FRB)が今回のFOMCで0.25%利下げするのを最後に、当面利下げを休止するとの見方がほぼ織り込まれている。声明文でFRBがインフレ警戒姿勢を打ち出すとの見方などから、積極的な買いが入りにくかった。
 高脂血症治療薬について米食品医薬品局(FDA)から新薬の認可が下りなかったことを明らかにした製薬大手のメルクが10%超急落し、ダウ平均の重しとなった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約12億2000万株。ナスダック市場(同)は約17億5000万株。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では、「素材」と「エネルギー」など六業種が下落。「通信サービス」「情報技術(IT)」などが上昇した。
 四半期決算が5年ぶりに赤字に転じたドイツ銀行が下落。メルクにつれ安した製薬大手イーライ・リリーも安い。
 一方、増配を発表したIBMが高い。好決算を発表したマスターカードが約13%高と急伸。前日夕に決算を発表したビザも、マスターカードにつれて大幅高で終えた。証券会社が投資判断を引き上げたワコビアが上昇。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2027-96872bd7
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ続落 FOMC前で様子見、メルク急落、ナスダック横ばい from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ続落 FOMC前で様子見、メルク急落、ナスダック横ばい

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ