Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅に続落 オラクル決算・金融機関の見通し下げ重し

米国株、大幅に続落 オラクル決算・金融機関の見通し下げ重し

ダウ工業株30種(ドル)
終値:12302.46 前日比:-120.40
始値:12421.88 高値:12476.76 安値:12293.34
年初来高値:13279.54 年初来安値:11634.82

ナスダック総合指数
終値:2280.83 前日比:-43.53
始値:2319.14 高値:2315.91 安値:2280.47
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1325.76 前日比:-15.37
始値:1340.34 高値:1345.62 安値:1325.66
年初来高値:1471.77 年初来安値:1256.98

米30年国債 4.39% 米10年国債 3.528%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(27日)
JUN08
O 12595(Globex 合算)
H 12845
L 12510
C 12660 大証比+30(イブニング比-60)
Vol 13231

 27日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は大幅に3営業日続落。前日比120ドル40セント安の1万2302ドル46セントで終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落で、終値は43.53ポイント安の2280.83。データベースソフト大手オラクルの決算が予想を下回ったことを受けハイテク株が軟調だったほか、アナリストの利益見通し引き下げで金融株が売られたことが重しになった。
 前日夕発表のオラクル決算は売上高が予想を下回り、株価が約7%下落。企業のハイテク関連の設備投資の先行き不透明感が意識され、マイクロソフトやインテル、IBMといったハイテク株がさえない展開となった。ネット広告の閲覧回数が減少したと調査会社が指摘したと伝わったグーグルが売られたことも、ハイテク株の足かせとなった。
 証券会社オッペンハイマーのアナリストがメリルリンチとUBSの利益見通しを引き下げ、リーマン・ブラザーズのアナリストも大手・中堅銀行の利益見通しを引き下げた。業績悪化の思惑からリーマンの株価が約9%下げたこともあり、金融株は売り優勢。メリルリンチは5%超下落し、バンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェースの下げも目立った。
 朝方発表の週間の新規失業保険申請件数は市場予想を下回り、雇用悪化懸念がやや薄らいだ。昨年10―12月期の米実質国内総生産(GDP)確報値は前期比年率0.6%増で改定値と同じだったが、内訳で個人消費が改善。経済指標は株価の下支え要因となった。米連邦準備理事会(FRB)が発表した住宅ローン担保証券(RMBS)などを使った米国債貸し出し制度の入札結果は応札倍率が低水準にとどまった。証券会社の資金繰りが懸念したほど苦しくないとの見方が出て、主な指数が下げ渋る場面もあった。
 S&P500種株価指数は15.37ポイント安の 1325.76。業種別S&P500種指数では「情報技術」や「金融」など九業種が下落し、「公益」が上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約14億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億3000万株(同)。
 アナリストが目標株価を引き下げたボーイングが軟調。朝方発表した決算は赤字に転落したものの、一株損失が市場予想ほど多くなかった住宅建設大手のレナーがしっかり。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1908-77cd77e8
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅に続落 オラクル決算・金融機関の見通し下げ重し from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅に続落 オラクル決算・金融機関の見通し下げ重し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ