Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ続落 下げ幅100ドル超、耐久財受注悪化など嫌気

米国株、ダウ続落 下げ幅100ドル超、耐久財受注悪化など嫌気

ダウ工業株30種(ドル)
終値:12422.86 前日比:-109.74
始値:12531.79 高値:12531.95 安値:12376.70
年初来高値:13279.54 年初来安値:11634.82

ナスダック総合指数
終値:2324.36 前日比:-16.69
始値:2328.47 高値:2331.18 安値:2306.49
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1341.13 前日比:-11.86
始値:1352.45 高値:1352.45 安値:1336.41
年初来高値:1471.77 年初来安値:1256.98

米30年国債 4.307% 米10年国債 3.46%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(26日)
JUN08
O 12750(Globex 合算)
H 12830
L 12570
C 12580 大証比-190(イブニング比-80)
Vol 13125

 26日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は続落。前日比109ドル74セント安の1万2422ドル86セントで終えた。米製造業指標の下振れや大手金融機関の業績悪化懸念などを受け売りが優勢になった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落。同16.69ポイント安の 2324.36で終えた。
 午前8時半に発表になった2月の米耐久財受注額は前月比1.7%減と市場予想(0.7%増)に反して減少した。民間設備投資の先行指標とされる国防・航空機を除く資本財受注は2.6%減となり、米景気後退観測が強まった。2月の新築住宅販売件数は市場予想を上回ったが、これを好感する動きは限られた。
 証券会社のアナリストが住宅ローン関連証券で多額の評価損計上を余儀なくされるとして、シティグループなど複数の大手金融機関の一株損益見通しを下方修正した。業績悪化懸念の強まりを受け、ここ最近、買い戻しの動きが広がっていた金融株に売りが膨らんだ。ダウ平均は下げ幅が一時150ドル超に達した。
 前日夕に発表した業績見通しが市場予想に届かなかったジャビル・サーキットが18%を超える大幅安となった。同業のフレクストロニクス・インターナショナルに加え、シスコシステムズやヒューレット・パッカード(HP)など大型ハイテク株が売られ、指数を押し下げた。
 S&P500種株価指数は4営業日ぶりの反落。11.86ポイント安の1341.13で終えた。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では「金融」が約3.5%安となるなど、七業種が下げた。半面、「エネルギー」など三業種が上昇。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は1.4%安だった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約14億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約19億株(同)。
 シティが 6%近く下落。アメリカン・エキスプレスやJPモルガン・チェースなども売られた。クレジット市場の混乱などを受け投資ファンドへの身売り計画が破談する可能性が高まったと米紙が報じた大手ラジオ局のクリアチャネル・コミュニケーションズが急落。英ジャガーなど傘下の高級車ブランドをインドのタタ自動車に売却すると正式発表したフォード・モーターも売られた。
 半面、原油高を受けエクソンモービルやシェブロンが堅調。携帯電話事業の分離を発表したモトローラが2.7%高。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1902-be2378f7
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ続落 下げ幅100ドル超、耐久財受注悪化など嫌気 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ続落 下げ幅100ドル超、耐久財受注悪化など嫌気

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ