Home > 経済証券用語解説 > 政府系ファンド(SWF)とは

政府系ファンド(SWF)とは

 SWF(Sovereign Wealth Fund)政府系ファンドとは、政府のお金を主に海外資産で運用する基金のことです。主ななSWFとしては、UAE(アラブ首長国連邦)アブダビ首長国のアブダビ投資庁、クウェート投資庁、ノルウェー政府基金、GIC(シンガポール政府投資公社)、テマセック(シンガポールのもう一つの政府系投資会社)、中国の中国投資有限責任公司など、現在世界に30ほどのファンドがあります。
主な政府系ファンド 政府系ファンドは、その財源によって2種類に分けることができます。一つは原油取引の収入を原資とする「オイルマネー型」で、中東やロシア、ノルウェーなど産油国に多くみられます。もう一つは輸出増でふくらんだ外貨準備を元手とする「外貨準備型」で、急速に経済が成長した中国やシンガポールなどが典型です。現在の総資産額は、200兆円とも300兆円とも言われいます。
 政府自らファンドを設立する理由は、将来原油が枯渇した場合に備えて、政府資金を運用し増やしておく狙いのほか、資本出資で海外企業の技術を取り入れておく目的もあるようです。また、中国の人民元や中東諸国の通貨は米ドルに対して連動いるため、「ドルを持ち続けるだけでは他の通貨に対して、資産価値が目減りする」との思惑から、効率的に国の資産を運用しているようです。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1886-8e9a992b
Listed below are links to weblogs that reference
政府系ファンド(SWF)とは from 株式市場と経済ニュース

Home > 経済証券用語解説 > 政府系ファンド(SWF)とは

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ