Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅反発 フィラデルフィア連銀指数など受け買い戻し

米国株、大幅反発 フィラデルフィア連銀指数など受け買い戻し

ダウ工業株30種(ドル)
終値:12361.32 前日比:261.66
始値:12102.43 高値:12378.74 安値:12097.87
年初来高値:13279.54 年初来安値:11634.82

ナスダック総合指数
終値:2258.11 前日比:48.15
始値:2224.95 高値:2258.11 安値:2208.12
年初来高値:2661.50 年初来安値:2155.42

S&P総合500種指数
終値:1329.51 前日比:31.09
始値:1299.67 高値:1330.67 安値:1295.22
年初来高値:1471.77 年初来安値:1256.98

米30年国債 4.16% 米10年国債 3.334%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(20日)
JUN08
O 11970(Globex 合算)
H 12280
L 11925
C 12220 大証比-50(イブニング比+100)
Vol 11313

 20日の米国株式相場は大幅反発。ダウ工業株30種平均は前日比261ドル66セント高の1万2361ドル32セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は48.15ポイント高の2258.11で終えた。前日の大幅下落を受けた買い戻しが優勢となった。製造業指標が予想ほど悪化しなかったことや個別に好材料が出たことも買いにつながった。
 19日のダウ平均が293ドル下げた後とあって、自律反発狙いの買いが入った。午前10時に発表になった3月のフィラデルフィア連銀景気指数はマイナス17.4となった。ただ、前月(マイナス24)から改善したうえ、市場予想も上回った。同指標をきっかけに買い戻しの動きが強まった。
 米連邦住宅公社監督局(OFHEO)が前日、連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)による住宅ローン債権の買い取り枠拡大を発表。両銘柄とも連日で急伸し、前日下げていた他の金融株にも買い戻しを誘った。19日にニューヨーク証券取引所に上場したビザが2日目も大幅高となり、マスターカードやアメリカン・エキスプレス(アメックス)などカード会社がつれ高した。
 金や原油先物相場が軟調で、関連銘柄の一角が売られた。ただ、シェブロンやエクソンモービルなどは上昇して終えており、相場全体への影響は限られた。
 S&P500種株価指数は31.09ポイント高の1329.51で終えた。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では「金融」が約7%上昇するなど九業種が上げた。半面、「素材」が下げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約27億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約27億6000万株(同)。この日は株価指数先物・同オプションなどの取引・権利行使日が重なり、売買高が膨らんだ。
 ビザは約14%高。人員削減が伝わったシティグループが10%上昇。アメックス、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェースもそろって大幅高。アナリストの投資判断引き上げが伝わったゼネラル・エレクトリックが堅調。前日夕に好決算を発表したナイキや四半期配当の増額を発表したインテルが買われた。利益見通しが予想以下だったフェデックスは相場全体の上昇につられ小幅高で終えた。
 半面、金鉱大手のニューモント・マイニングが軟調。資金繰りの悪化を受け信用供与枠を使用すると発表した金融会社のCITグループが大幅安。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1879-17a36582
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅反発 フィラデルフィア連銀指数など受け買い戻し from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅反発 フィラデルフィア連銀指数など受け買い戻し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ