Home > 投資部門別売買動向 > 1月3週、外国人と個人が売り越す 米景気懸念で見切り売り

1月3週、外国人と個人が売り越す 米景気懸念で見切り売り

 東京証券取引所が24日発表した1月第3週(1月15―18日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人と個人投資家の売り越しが目立った。この週は米経済の後退懸念を背景に週初を中心に日経平均は一段安となったが、個人投資家や海外投資家による日本株の見切り売りが下げにつながったことが裏付けられた。
 外国人の売り越し額は1480億円。前の週の331億円の売り越しから増加し、3週連続の売り越しとなった。また、個人は3週間ぶりの売り越しで、売り越し額は903億円となった。
 一方、買いが目立ったのは証券会社の自己の1293億円のほか、自社株買いが指摘される事業法人の642億円、信託銀行の439億円。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1671-c523c6e4
Listed below are links to weblogs that reference
1月3週、外国人と個人が売り越す 米景気懸念で見切り売り from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 1月3週、外国人と個人が売り越す 米景気懸念で見切り売り

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ