Home > 米国株式市況 > 米国株、もみ合い 薄商いで方向感なく、住宅指標は重し

米国株、もみ合い 薄商いで方向感なく、住宅指標は重し

ダウ工業株30種(ドル)
終値:13365.87 前日比:6.26
始値:13361.23 高値:13451.38 安値:13298.15
年初来高値:14021.95 年初来安値:11939.61

ナスダック総合指数
終値:2674.46 前日比:‐2.33
始値:2693.36 高値:2697.77 安値:2661.79
年初来高値:2724.74 年初来安値:2331.57

S&P総合500種指数
終値:1478.49 前日比:2.12
始値:1479.83 高値:1487.90 安値:1471.74
年初来高値:1555.90 年初来安値:1363.98

米30年国債 4.496% 米10年国債 4.077%
 28日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は小反発し、前日比6ドル26セント高の1万3365ドル87セントで取引を終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅続落し、同2.33ポイント安の2674.46で終えた。年末で薄商いだったこともあり、方向感なくもみ合う場面が多かった。
 前日にダウ平均が200ドル近く下げたことを受け買いが先行した。午前中に発表された12月のシカゴ購買部協会景気指数が56.6と前月(52.9)から上昇、市場予想も上回った。ウォールストリート・ジャーナル紙が欧米金融機関が事業や部門売却など大規模な資産売却を検討していると報じたことが好感されたとの見方もあった。
 午前10時ごろ発表された11月の新築住宅販売件数が前月比9.0%減の年率64万7000戸と、市場予想を大きく下回った。住宅市場の深刻な落ち込みが続いていることが示され、相場はこれを受けて伸び悩んだ。
 ただ売りも限られた。午後は終値付近でもみ合った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約10億3600万株。ナスダック市場(同)は約13億3600万株。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では、「金融」などを除く八業種が上昇した。
 シティグループやJPモルガン・チェースなど銀行株は下げて終えた。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイがニューヨーク州で地方債などを対象に債券保証業務を開始すると報じられた。競合する金融保証保険のMBIA、AMBACが急落。KBホーム、DRホートンなど住宅株にも下げが目立った。
 ドバイの投資会社ドバイワールドが持ち株比率を引き上げたと報じられたカジノ運営のMGMミラージュが上昇。バークシャー・ハザウェイがオランダの金融大手ING傘下の再保険会社を買い取る見込みと報じられたことを受け、INGの米預託証券(ADR)も上げた。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1596-567a7c0b
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、もみ合い 薄商いで方向感なく、住宅指標は重し from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、もみ合い 薄商いで方向感なく、住宅指標は重し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ