Home > 米国株式市況 > 米国株、まちまち 信用リスク警戒、FRB入札結果は一定評価

米国株、まちまち 信用リスク警戒、FRB入札結果は一定評価

ダウ工業株30種(ドル)
終値:13207.27 前日比:-25.20
始値:13231.98 高値:13300.43 安値:13146.79
年初来高値:14198.10 年初来安値:11939.61

ナスダック総合指数
終値:2601.01 前日比:4.98
始値:2594.52 高値:2609.73 安値:2583.32
年初来高値:2861.51 年初来安値:2331.57

S&P総合500種指数
終値:1453.00 前日比:-1.98
始値:1454.70 高値:1464.42 安値:1445.31
年初来高値:1576.09 年初来安値:1363.98

米30年国債 4.447% 米10年国債 4.028%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(19日)
MAR08
O 15125(Globex 合算)
H 15245
L 15050
C 15210 大証比+120(イブニング比+150)
Vol 9212

 19日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は小反落。前日比25ドル20セント安の1万3207ドル27セントで終えた。米金融保証会社の格下げなどが伝わり、信用リスクへの警戒感から売りが出た。半面、米連邦準備理事会(FRB)が17日に実施した新たな仕組みによる短期資金供給の入札結果が無難だったと受け止められたことなどが相場を下支えした。一方、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は4.98ポイント高の2601.01で終えた。
 米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が午前中ごろ、金融保証会社のACAファイナンシャル・ギャランティーの格付けを引き下げると伝わった。同大手MBIAは現行の格付けを維持する一方、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。将来的な格付け引き下げへの警戒感が強まり、MBIA株は一時急落。シティグループなど金融株の一角も値を崩し、相場の重しになった。
 一方、FRBがこの日明らかにした新制度の入札結果で、期間28日の越年資金200億ドルを年4.65%の落札金利(最低応札金利は4.17%)で金融機関に供給することが決まった。公定歩合(4.75%)よりも低い水準。入札は無難だったと受け止められ、朝方の買いを誘った。
 早朝の決算で巨額の追加損失計上と同時に中国の政府系ファンドの出資を受け入れると発表したモルガン・スタンレーが上昇したことも相場を支えた。
 クリスマス休暇を控え市場参加者は徐々に少なくなっており、積極的な売買は限られたという。そのため、相場は上下に振れやすかった面もあったようだ。
 S&P500種株価指数は1.98ポイント安の1453.00で終えた。業種別S&P500種株価指数(全十業種)は「通信サービス」「消費循環」など六業種が下落。半面、「エネルギー」など四業種が上げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約13億5000万株(速報値)、ナスダック市場は約18億6000万株(同)。
 MBIAは3.6%安。シティやワコビアなど金融株の一角が朝高後、下げに転じた。前日夕発表の決算で赤字幅が拡大したホブナニアン・エンタープライゼズが11%急落。早朝に利益見通しを下方修正したユニオン・パシフィックが軟調。
 半面、モルガンは4%超上げた。インテルやIBMがしっかり。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1563-c65a26ce
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、まちまち 信用リスク警戒、FRB入札結果は一定評価 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、まちまち 信用リスク警戒、FRB入札結果は一定評価

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ