Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅に続落 米経済の不透明感で 前FRB議長発言も重し

米国株、大幅に続落 米経済の不透明感で 前FRB議長発言も重し

ダウ工業株30種(ドル)
終値:13167.20 前日比:-172.65
始値:13339.20 高値:13339.45 安値:13158.42
年初来高値:14021.95 年初来安値:11939.61

ナスダック総合指数
終値:2574.46 前日比:-61.28
始値:2623.20 高値:2626.37 安値:2574.46
年初来高値:2724.74 年初来安値:2331.57

S&P総合500種指数
終値:1445.90 前日比:-22.05
始値:1465.05 高値:1465.05 安値:1445.43
年初来高値:1555.90 年初来安値:1363.98

米30年国債 4.579% 米10年国債 4.145%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(17日)
MAR08
O 15305(Globex 合算)
H 15375
L 15045
C 15075 大証比-165(イブニング比-135)
Vol 9192

 17日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅続落。前週末比172ドル65セント安の1万3167ドル20セントで終えた。ナスダック総合株価指数は大幅に3日続落し、61.28ポイント安の2574.46で終えた。景気やインフレなど米経済の先行き不透明感から、売りが優勢となった。
 米景気や信用リスクへの懸念がくすぶるなか、11月の米消費者物価指数(CPI)など、前週発表された物価指標は軒並みインフレ圧力を示した。追加利下げの思惑を含め米経済の先行き不透明感が強まり、17日の売り材料となった。16日にテレビ出演した米連邦準備理事会(FRB)のグリーンスパン前議長が、景気減速とインフレが同時進行する「スタグフレーション」の兆候が現れていると述べるなど、米経済にやや悲観的だったことも市場心理を冷やした。
 早朝にニューヨーク連銀が発表した12月の製造業景気指数は前月から17.1ポイント低下の10.3となり、市場予想(20.0)を大きく下回った。これを受け、アルコアど景気敏感株の一角が売られた。
 業種別S&P500種株価指数は「素材」や「情報技術」など全十業種が下落。ダウ構成銘柄では27銘柄が下げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引で14億3847万株(速報値)。ナスダック市場は19億909万株(同)だった。
 シティグループが投資判断を引き下げたJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、カントリーワイド・ファイナンシャルなどが下落。18日に決算発表を予定するゴールドマン・サックスも安い。投資判断の引き下げが伝わったキャタピラーが売られた。投資判断引き下げが伝わったスターバックスが大幅安。
 半面、14日夕にムーディーズ・インベスターズ・サービスが格付けを「Aaa」(トリプルAに相当)で据え置いた金融保証保険会社のMBIAが安心感から買われた。米産業機械大手のインガーソルランドが買収すると発表した空調大手のトレーンが急伸した。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1554-47f9c39d
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅に続落 米経済の不透明感で 前FRB議長発言も重し from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅に続落 米経済の不透明感で 前FRB議長発言も重し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ