Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウは小幅続伸 堅調な個人消費が支え

米国株、ダウは小幅続伸 堅調な個人消費が支え

NYDOW
終値:13517.96 前日比:44.06
始値:13473.98 高値:13527.63 安値:13353.92
年初来高値:14198.10 年初来安値:11939.61

Nasdaq
終値:2668.49 前日比:-2.65
始値:2653.26 高値:2670.33 安値:2641.57
年初来高値:2861.51 年初来安値:2331.57

S&P500
終値:1488.41 前日比:1.82
始値:1483.27 高値:1489.40 安値:1469.21
年初来高値:1576.09 年初来安値:1363.98

米30年国債 4.611% 米10年国債 4.201%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(13日)
MAR08
O 15570(Globex 合算)
H 15700
L 15510
C 15665 大証比+125(イブニング比+95)
Vol 25070

 13日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は小幅続伸。前日比44ドル06セント高の1万3517ドル96セントで終えた。小売売上高が市場予想を大きく上回ったことなどを手掛かりに、引け前に上げに転じた。一方、ナスダック総合株価指数は小反落。同2.65ポイント安の2668.49で終えた。
 11 月の卸売物価指数(PPI)は前月比3.2%上昇と市場予想(1.7%上昇)を大きく上回り、1973年以来、約34年ぶりの高い伸び率となった。追加利下げ観測がやや後退したとして、売りが先行した。ダウ平均は一時100ドル超下落し、軟調に推移する場面が多かった。
 しかし、引けにかけてダウ平均は上げに転じた。朝方発表の11月の小売売上高が前月比1.2%増と市場予想(0.6%増)以上に伸びた。米個人消費の底堅さが改めて意識されたという。収益見通しが市場予想以上となったハネウエルが上げ幅を広げたことも、指数を押し上げた。
 業種別S&P500種株価指数は全十種のうち「公益」や「一般産業」など六種が上昇した。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約14億6000万株。ナスダック市場(速報)は約21億6000万株だった。
 ハネウエルは5%高。ボーイングも上げた。
 一方、9―11月期決算で一株利益は市場予想を上回ったリーマン・ブラザーズは下落。信用リスク問題への不安から金融株は全般に軟調だった。決算で一株利益が予想に一致したコストコ・ホールセールは利益確定売りに押された。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1543-22121597
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウは小幅続伸 堅調な個人消費が支え from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウは小幅続伸 堅調な個人消費が支え

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ