Home > 投資部門別売買動向 > 外国人の買いが相場押し上げ 11月4週

外国人の買いが相場押し上げ 11月4週

 東京証券取引所が6日発表した11月第4週(11月26―30日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人が4週間ぶりに買い越した。買越額は1344億円。外国人は同時に株価指数先物も3600億円強買い越しており、合計すると5000億円近い大幅な買い越し。
 日経平均株価は11月21日に年初来安値の1万4837円を付け、この週は反発基調に転じた。同26日には「中国の外貨準備の一部を運用するために設立された『中国投資有限責任公司』が日本株式への投資に乗り出す」との報道があり、翌27日には米大手銀行のシティグループがアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国政府のアブダビ投資庁(ADIA)から75億ドルの出資を受け入れると発表した。28日にはドバイの政府系ファンド、ドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)が株式取得を発表したソニーが東証1部の売買代金首位に躍り出た。この間、日経平均の上昇を支えた要因の一つがこの外国人の買いといえる。国内証券のエクイティ担当者は「産油国や新興国の資金流入ではないか」と指摘する。
 国内勢で買いが目立ったのが、5週連続で買い越た信託銀行。差し引きでは1820億円の買い越しだった。
 一方、個人は2週連続の売り越しで、売越額は4239億円と5月第5週(5月28―6月1日)の5984億円以来の高水準。年初来安値からの反発で、戻り待ちの売りが膨らんだ。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1514-cdbc27e3
Listed below are links to weblogs that reference
外国人の買いが相場押し上げ 11月4週 from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 外国人の買いが相場押し上げ 11月4週

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ