Home > 株式市場ニュース > 欧州で上昇続く銀行間金利 ユーロ建て1ヵ月物、6年半ぶり高水準

欧州で上昇続く銀行間金利 ユーロ建て1ヵ月物、6年半ぶり高水準

 欧州金融市場で金利上昇が続いている。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に絡む損失発生を懸念する銀行が、欧米企業の決算期末である年末越え資金の手当てを急いでいるためだ。指標となるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の英ポンド建て一カ月物金利は六・七五%と九年ぶりの高水準。ユーロ建て一カ月物も四・八五%と六年半ぶりの高水準に上昇した。
 LIBORはユーロ建て、英ポンド建て、ドル建てともに十一月半ばから一本調子で金利上昇が続いている。年末に向けストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)と呼ばれる銀行傘下の特殊な運用会社の借り換え需要が膨らむため、その資金繰り支援に備える銀行も多い。
 米国での損失に備え欧州の銀行が母国市場で資金調達を急いだため欧州通貨の金利が上昇。ユーロ、英ポンドの一カ月物金利は十一月末から一週間で〇・六七―〇・六八%上昇した。
 市場では「資金繰りに行き詰まった傘下のSIVの破綻で損失を抱える銀行が出る」との観測がくすぶる。資金需要は決算期末越えの期間に集中しており、金融緩和観測が浮上している米ドルと英ポンドの金利は一カ月物の金利水準が三カ月物金利を上回っている。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1510-8006d1f8
Listed below are links to weblogs that reference
欧州で上昇続く銀行間金利 ユーロ建て1ヵ月物、6年半ぶり高水準 from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > 欧州で上昇続く銀行間金利 ユーロ建て1ヵ月物、6年半ぶり高水準

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ