Home > 経済証券用語解説 > SPC(特別目的会社)とは

SPC(特別目的会社)とは

 SPC(Special Purpose Company)とは、特別目的会社のことで資産の原保有者からの買い取り、資金調達のための証券や債権の発行、譲受資産に関する信用補完、投資家への収益の配分といった特別な目的のために設立される会社のこと。会社以外の信託や組合の形態を含めていう場合は、「SPV(Special Puropse Vehicle)もしくはSPE(Special Purpose Entity)」という。SIV(Structured Investment Vehicle:ストラクチャードインベストメントビークル)もSPVの一種である。
 日本国内に設立される場合は、資産流動化に関する法律(SPC法)に基づく「特定目的会社」、商法に基づく「株式会社」、有限会社法に基づく「有限会社」のいずれかの形態を取る。株式会社や有限会社として設立される場合は、定款で事業の目的を証券化業務に限定するなどして特別の目的に対応させた会社をいう。
 また、税制上の優遇措置や設立の事務手続きの利便性などの面から、海外のタックスヘイブンと呼ばれる国や地域(ケイマン諸島やバージン諸島)に設立されることも多い。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1455-42604450
Listed below are links to weblogs that reference
SPC(特別目的会社)とは from 株式市場と経済ニュース

Home > 経済証券用語解説 > SPC(特別目的会社)とは

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ