Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅反落 ダウ211ドル安で7カ月ぶり安値、金融株安い

米国株、大幅反落 ダウ211ドル安で7カ月ぶり安値、金融株安い

NYDOW
終値:12799.04 前日比:-211.10
始値:13006.65 高値:13007.71 安値:12786.03
年初来高値:14198.10 年初来安値:11939.61

Nasdaq
終値:2562.15 前日比:-34.66
始値:2567.14 高値:2597.17 安値:2542.70
年初来高値:2861.51 年初来安値:2331.57

S&P500
終値:1416.77 前日比:-22.93
始値:1434.71 高値:1436.40 安値:1415.64
年初来高値:1576.09 年初来安値:1363.98

米30年国債 4.459% 米10年国債 4.007%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(21日)
DEC07
O 14845(Globex 合算)
H 14845
L 14565
C 14705 大証比-115(イブニング比+15)
Vol 14940

 21日の米国株式相場は大幅反落。ダウ工業株30種平均は前日比211ドル10セント安の1万2799ドル4セントと、4月17日以来の安値で終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は34.66ポイント安の2562.15と、9月10日以来の安値となった。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を背景に、信用リスク懸念や米景気の先行き不安から売りが優勢になった。
 経済協力開発機構(OECD)がサブプライム問題などに関連する損失額が最大3000億ドルに膨らむとの見通しを公表。信用不安の拡大に伴う金融機関の損失懸念が広がった。ゴールドマン・サックスがスイス大手銀クレディ・スイス株の投資判断を引き下げたことなども重しとなり、金融株は軒並み売りに押された。
 原油先物相場が一時1バレル100ドルに接近。信用リスク懸念とともに原油高に伴う米景気の先行き不透明感が意識されたことも売りを誘った。アジア・欧州株式相場が軒並み下落し、投資家のリスク回避姿勢が強まったと受け止められたことも重し。値ごろ感から押し目買いが入り、下げ渋る場面もあったが、取引終了にかけて一段安となった。
 午前10時ごろに伝わった11月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)は76.1となった。速報値(75.0)から上方修正され、市場予想も上回ったが、特段の買い材料とはならなかった。
 S&P500株価指数は22.93ポイント安の1416.77で終え、昨年末比で下げに転じた。業種別S&P500種株価指数は「金融」の2.2%安を筆頭に全十業種が下げた。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は1.2%安となった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約16億1000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億4500万株(同)だった。
 クレディ・スイスは1.4%下落。ダウ銘柄ではアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は5.7%下落し、下落率トップとなった。投資判断の引き下げが伝わったサーキット・シティー・ストアーズが安い。決算で売上高が予想を下回ったギャップが大幅安。
 半面、ゼネラル・モーターズ(GM)は朝安後に上昇に転じた。金融関連会社のGMACファイナンシャル・サービシズが同社のレジデンシャル・キャピタルの事業部門の一部を売却する可能性などを探るため、アドバイザーを雇ったとの報道が伝わったことが背景。グーグルが小高い。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1445-3754f3b6
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅反落 ダウ211ドル安で7カ月ぶり安値、金融株安い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅反落 ダウ211ドル安で7カ月ぶり安値、金融株安い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ