Home > サブプライムローン問題 > 「サブプライム」占う米ABX指数、一段と悪化の予想大勢

「サブプライム」占う米ABX指数、一段と悪化の予想大勢

 信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)の影響はどこまで広がるのか。その行方を占う指標として米国の金融機関が注目しているのがABX指数だ。
 ABX指数は債務不履行が起きた際、それに伴う損失額を保証するクレジット・デフォルト・スワップ取引のベンチマーク(基準となる指数)。対象資産はサブプライムローンなどを担保にした資産担保証券ABS)を束ねたバスケットだ。
 この指数は原資産であるサブプライムローンの不良債権化を反映するため、サブプライムローンの時価の目安になると見られている。指数はトリプルA、ダブルAなど対象バスケットの格付けごとに算出されている。
 サブプライム危機の発端は一部のヘッジファンドがこのABX指数の先物を大量に売ったことだ。カリフォルニアなどで住宅価格が下がるなか指数が高止まりしていたためで、先物主導でサブプライムローンの価格も急落した。
ABX指数 格付けがトリプルBのABX指数は五月ごろから下落。九〇前後で推移していた価格は二〇前後まで下がっている。
 七月になると下落は格付けがトリプルAの指数にも波及。十月半ばから暴落に近い下げとなり、現在、指数は七〇前後となっている。
 先行きについては一段の下落を見込む市場参加者が多い。サブプライムローンの担保となっている住宅価格の下げが拡大する公算が大きいからだ。米銀などが簿外で運営する特別会社SIVからのサブプライムを担保にしたABSの売りも指数を押し下げる見通し。
 現在、大手金融機関はトリプルA格のサブプライムローンが簿価の八割程度との前提で、九月末決算の発表以降の損失拡大見通しを出している。いまのABX指数から判断すると、その後もローンの価格は下げ止まっていない。損失拡大幅はさらにふくらみ金融危機は深まる見通しだ。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1437-76a3679c
Listed below are links to weblogs that reference
「サブプライム」占う米ABX指数、一段と悪化の予想大勢 from 株式市場と経済ニュース

Home > サブプライムローン問題 > 「サブプライム」占う米ABX指数、一段と悪化の予想大勢

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ