Home > 経済証券用語解説 > CDO(債務担保証券)とは

CDO(債務担保証券)とは

 CDO(Collateralized Debt Obligations)とは、資産担保証券(ABS)の一種で貸出債権や社債を対象資産とする証券化商品です。日本語では債務担保証券と訳されます。貸出債権、社債、ソブリン債、ABS、REIT、クレジット・デリバティブなどが組入れ対象となります。一般のABSに組み入れられているクレジット・カード債権やリース債権が対象から外れているために、区別してCDOと呼ばれます。
 ちなみに、複数の社債を裏付け資産として発行される場合はCBO(Collateralized Bond Obligation)、金融機関が事業会社などに対して貸し出している貸付債権(ローン)を証券化した場合はCLO(Collateralized Loan Obligation)と呼ばれます。
 CDOは証券化商品として、優先劣後構造を持っていることを特徴とします。CDO全体から、シニア債、メザニン債、劣後債と言った形で投資リスク毎に分けた債券、受益権に分割し、売り出されるのが一般的です。優先劣後構造は、CDOを構成する商品にデフォルトやクレジットイベント等が発生した際に元本が優先的に確保される順位を設定しているものであり、シニアから順番に優先的に元本が確保される。つまり劣後部分についてはかなりの高いリスクがあるため、利回りも高い。 シニア部分やメザニン部分には高格付けが付与されることが一般的であり、機関投資家の投資対象となっています。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1410-4fd2a493
Listed below are links to weblogs that reference
CDO(債務担保証券)とは from 株式市場と経済ニュース

Home > 経済証券用語解説 > CDO(債務担保証券)とは

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ