Home > スポンサー広告 > 「様子見ムード強い、売りポジションは継続」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1284-e23cf209
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 株式市場と経済ニュース

Home > スポンサー広告 > 「様子見ムード強い、売りポジションは継続」

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「様子見ムード強い、売りポジションは継続」

「様子見ムード強い、売りポジションは継続」

 本日の日経平均は26.98円高の17358.15円で取引を終了した。朝方は先週末の米国株式相場の上昇や円安基調などを好感して買い先行となったが、買い一巡後は上値の重い展開。銀行株、不動産株などの内需関連株が軟調に推移し、全体相場の足を引っ張る形となった。ただ、日経平均の日足ローソク足では下ひげが出現。5日移動平均線がサポートラインとして機能しており、上昇相場が継続していることを示唆している。業種別東証株価指数では海運業、非鉄金属などが上昇。銀行業、不動産業などが下落となった。
 本日の東京株式相場は上値の重い展開となった。朝方は米国株高や円安基調などを受けて買い先行となったものの、買い一巡後は上値の重い展開。全般的に買い手掛かり材料に乏しく、投資家は様子見ムードを強めた。任天堂などの高成長・好業績銘柄は買いが入ったものの、内需株の一角には軟調に推移するものが目立った。新興市場銘柄の上昇も一服しており、投資家のマインドはやや低下している。
 ただ、日経平均の日足チャートでは5日移動平均線が下値支持線として機能したことに加え、ローソク足では下ひげが出現。短期の上昇トレンドが継続しており、上昇余地は残されているようだ。上方には窓が3つ空いており、株価を引き寄せやすい。この付近での日柄調整が終了すれば、再度高値を試すことが予想される。
 しかし、本日も窓を空けて上昇することができず、「窓理論」では売り継続となっている。上値の重さが明確となっており、思い切って買い転換できないのが現実だ。傾斜指数がプラス、理論株価も上方に位置しているが、買い転換できない状況が続いている。「窓理論」の判断が必ずしも正しくはないものの、もし相場が強いのであれば、明確に窓を空けて上昇するはず。買い転換するには及ばず、売りポジションを維持すべきであると考える。
 米大手銀行はサブプライムローン問題で損失を被った銀行を支援するために、総額11兆円規模の基金を創設する方向で協議を始めたという。その結果、サブプライムローン問題の深刻化が回避される公算が大きく、市場はひとまず買い安心感を強めそうだ。しかし、支援の方法は明らかになっておらず、もし、基金が資産担保証券を買い取る手法であるならば、一種の「飛ばし」のような形となる。本来の時価よりもはるかに高い原価(付近)での譲渡となれば、「損失の先送り」と批判が出るかもしれない。この手法に関しては、要チェックであろう。
 今週は何と言っても、週末のG7がポイントとなる。政府系ファンドの監視強化などが議論されると思われ、巨額資金の行方に注目が向かいやすい。中東系のオイルマネー、中国の外貨準備などが、米国企業に対する直接投資ではなく、米国債へと誘導できるかも焦点となる。米国の思惑がどの程度まで通用するかということだ。
 
 「♪なんにもな~い、なんにもな~い、まったくなんにもな~い」
はじめ人間ギャートルズの歌を口ずさみたくなるほど「閑散相場」である。場中に何も材料が出ず、今日の相場は本当に閑散ムードが強かった。それでは歌の続きはというと、
 「♪生まれた~、生まれた~、なにが生まれた~」
 何が生まれたのだろうか? 
 恐らくディーラーにとって「ヒマな時間」が生まれたのだろう。相場が動かないから、特にやることもなく、ただボーッと相場を見ているだけ。もしかしらた任天堂が上昇するのをボーッと見ていたのかもしれない。
「だったら任天堂を売り買いすればいいじゃないか!」
「だってオレは先物ディーラーだもん」
というような会話があったかどうかは知らない。それぐらいヒマな一日でした。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1284-e23cf209
Listed below are links to weblogs that reference
「様子見ムード強い、売りポジションは継続」 from 株式市場と経済ニュース

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「様子見ムード強い、売りポジションは継続」

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。