Home > 株式相場事件簿 > 関西最後の大物仕手筋、西田晴夫容疑者とは

関西最後の大物仕手筋、西田晴夫容疑者とは

 逮捕された西田晴夫容疑者は、十数年前から数多くの株の仕手戦のたびに「西田銘柄」「N銘柄」と市場でささやかれながら実体は一切表に見せず、「名前だけが一人歩きする幽霊のような男」(捜査関係者)と言われてきた。自分名義の証券取引口座を持たず、法人の役員にも名を出さず、不動産や預金などの資産形成の痕跡も「ほとんどない」(同)といわれ、証券取引等監視委員会の実態解明は困難を極めたという。背後には証券市場に資金源を求める暴力団の存在が見え隠れしており、解明が待たれる。
 西田容疑者は大阪府守口市役所の元職員。株好きが高じて30代で退職し、プロに転身した。「善良そうな顔に、どもり気味にぼそぼそと話す語り口で、誰にも警戒されないキャラクター」と盟友の投資会社社長は評する。
 一躍全国に名を売ったのは、平成8年2~4月の中堅ゼネコン株の仕手戦。株価が約300円から2400円まで急騰し、西田容疑者と組んだ投資家らは「数百万円の元手で数億円を手にした」と振り返る。
 同年4月の誕生日には、大阪のホテルで200人も集めたパーティーを開き、数日後には京都で盛大な観桜会を開くなど、派手な散財で知名度を高めた。
 相場を操り一獲千金を夢見る「共同幻想」の上に成り立つ仕手の世界。大口の個人投資家や証券ブローカーらの間で「西田信奉者」が増え、西田容疑者は電話一本で億単位の資金を動かす存在になっていった。
 典型的な手口は、「しこった玉(ぎょく)の解体」。バブル後の不景気下で、仕手筋などが買い集めたまま資金が続かなくなった株を安値で引き取り、それを「タネ玉」に投資家らをあおって株価をつり上げ、売り抜ける。
 また、資金調達に苦しむ上場企業の増資で大量の新株を引き受け、仕手戦に乗り出すこともあったという。
 株を買い占めて一時的に役員を送り込んだ上場企業は少なくとも十数社にのぼる。
 「次は○○株をやりまっせ」。西田容疑者が電話で号令をかけるたび、株価が動いた。大阪地検が今回、国内市場が閉じた金曜日の夜に西田容疑者の逮捕を発表したのも、市場への影響に配慮したためとみられる。
 だが、仕手戦で利益が出ても、資金は西田容疑者の口座や会社を通ることはなく、「西田さんは個人資産を作らない」と関係者は口をそろえる。
 「宝石を買ってほしいせがんだ女性に宝石店を買い与えた」「ホステスに店を買い取ってプレゼントした」などの逸話は多いが、「お金ありませんのや」が本人の口癖。知人女性名義のマンションや高級ホテルと転々とし、住所不定の状態だったという。
 投資家の資金を受け入れる窓口には、投資事業組合やファンドなど匿名性の高い“箱”を使い、実態を隠した。
 関係者は「本人は財産に無頓着。仕手戦のもうけは金融業者や投資家の口座に“西田勘定”としてプールされ、西田さんの指令で右から左へ動かされるだけ」と話す。

 「解体」はいつも成功するわけではなく、投資家に損させることもあった。西田容疑者は暴力団筋の資金を仕手戦に巻き込むことも多かったといい、「敗戦」のたびに暴力団関係者に追い込みをかけられることもあったという。
 「十数年前に西田さんと初めて会ったとき、彼は東京都内のマンションで暴力団組員らに軟禁されていた」と投資グループ関係者。
 西田グループの一人という元証券マンも、「彼は暴力団に損をさせては証文を書かされ、次の仕手戦で利益を上げさせようと必死になっていた。一度暴力団と付き合いができると、資金を拒むのは難しい」と証言する。昨年秋にも、暴力団とのかかわりが指摘される金融業者に返済を迫られ、都内に足止めされていたという。
 「西田容疑者のような仕手筋がここ数年、証券市場を荒らし回ってきた。背景には、資金繰りに困って増資引き受けを仕手筋に頼った一部の上場企業と、株で資金運用をもくろむ暴力団の存在がある」。証券監視委筋はこう話した。

産経ニュースより抜粋
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1279-e0834e4f
Listed below are links to weblogs that reference
関西最後の大物仕手筋、西田晴夫容疑者とは from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式相場事件簿 > 関西最後の大物仕手筋、西田晴夫容疑者とは

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ