Home > スポンサー広告 > 「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1242-f12af27b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 株式市場と経済ニュース
Trackback from 為替で稼ぐ 2007-10-04 Thu 21:23:19

株式 投資

ノーザン・ロック、米投資会社2社が買収提案を検討 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djBUO4132.html日本経済新聞ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)ニューヨークに本拠に置く有力プライベートエクイティ会社2社が、日本の銀行危機の時に磨き?... (more…)

Trackback from 株の記事一覧 2007-10-05 Fri 17:11:28

アジア 株の最新記事

株の記事一覧をご紹介!「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」米国株式相場の下落を嫌気して売り先行となったほか、アジア株の下落などを嫌気。連日の上昇に対する利益確定の売りも加わり、終始軟調な値動きとなった。業種別 (more…)

Home > スポンサー広告 > 「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」

「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」

 本日の日経平均は107.40円安の17092.49円で取引を終了した。米国株式相場の下落を嫌気して売り先行となったほか、アジア株の下落などを嫌気。連日の上昇に対する利益確定の売りも加わり、終始軟調な値動きとなった。業種別東証株価指数では銀行業、その他金融業など4業種のみが上昇。卸売業、繊維製品など数多くのセクターが下落となった。
 本日の東京株式相場は軟調な値動きとなった。前日の米国株式相場の下落に加え、アジア株が軟調推移。全般的に買い手掛かりに乏しく、投資家は見送りムードを強めた。また、週末に米雇用統計の発表を控えており、内容を見極めたいとの見方。積極的に上値を買い進む投資家は少なく、全体相場の軟調な値動きにつながった。
 日経平均の日足チャートでは十字足が出現しており、強弱感が対立する動き。方向感の乏しい値動きとなり、明確なトレンドは感じ取れない。ただ、17200円処に小さな壁が出現し、上値を抑えている様子。このまま壁が消滅しなければ、下方の窓(16899.84円―16986.38円)を埋める展開となりそうだ。ポジションは売り継続とし、下方の窓埋めを待つことにする。
 東京株式市場は買いエネルギーが徐々に小さくなり、手詰まり感の強い相場展開となっている。米サブプライムローン問題が後退したとはいえ、その懸念が完全に払拭されたわけではない。米利下げによる世界的なインフレは深刻であり、将来的にその反動が懸念される状況。国内消費者物価も原油高・穀物高の影響で上昇気味であり、小売業などへの打撃が懸念される。円高進行による輸出企業の不振、エネルギー価格上昇による内需株の低迷などが予想され、日本株をこの水準から積極的に買えるような状況にはない。需給面においてさらに上昇する可能性は残されているが、その動きは上昇の勢いによる「おまけ」ぐらいに考えておいたほうが良いだろう。来週8日(月)からは中国株の売買も再開される。香港株などの下落が波及する恐れもあり、2月の急落時のような中国発の世界同時株安には十分に注意したい。
 新興市場銘柄は引き続き堅調な値動きとなっている。連日の上昇となっており、リバウンドムードは継続している。郵政民営化にともなうかんぽ資金が流入しているとみられ、相場の下支え役として機能しているようだ。そこに個人の短期資金が乗っかる形で、株価は上昇基調を強めている。主力株に手詰まり感が強いだけに、消去法的に物色している面もありそう。ただ、上昇スピードが急ピッチだけに、その反動には注意をしたいところ。

 石川県の山中温泉辺りからカーナビで「東京」を検索すると、米原経由のぐる~と回った経路を提示してくれる。「北陸→名神→東名」といった経路だ。距離にして500キロメートル超。さすがに遠いなと思って「再検索」ボタンを押したら、今度は長野県の山の中を案内してくれた。「何となくこっちのほうが近そうだ」――なんて思って選択したらトンでもないことになる。グニャグニャな山道に加えて、今にも崩れそうな崖。さらに「只今工事中」などと通行止めになっていたら、目も当てられないのだ。「やっぱり高速にするんだった」と後悔するのが関の山であり、疲労困憊の最悪ドライブとなってしまうだろう。
 窓理論のカーナビは今「売り」を示している。これに従うか従わないかは本人の自由だが、意外とこのカーナビは的中率が高い。2月の世界同時株安もそうだったし、8月のサブプライムショックのときもそうだった。事前に売りサインを点灯させてくれ、我々の危機を救ってくれたのだ。
 今回がそのパターンに相当するかは断言できない。しかし、一応「警戒のサイン」は点灯しており、それを無視することはできないだろう。例えるのなら、クイズ・ミリオネアでテレフォンを選択し、せっかく知人・友人が答えを教えてくれたのに、自分の我を通して自滅した惨めな解答者。そんなイメージであり、ヒネくれた性格では神様は決して微笑んでくれないのだ。神の恵みに感謝し、か弱き投資家として謙虚な姿勢を取るべきだと思う。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 2

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1242-f12af27b
Listed below are links to weblogs that reference
「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」 from 株式市場と経済ニュース
Trackback from 為替で稼ぐ 2007-10-04 Thu 21:23:19

株式 投資

ノーザン・ロック、米投資会社2社が買収提案を検討 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djBUO4132.html日本経済新聞ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)ニューヨークに本拠に置く有力プライベートエクイティ会社2社が、日本の銀行危機の時に磨き?... (more…)

Trackback from 株の記事一覧 2007-10-05 Fri 17:11:28

アジア 株の最新記事

株の記事一覧をご紹介!「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」米国株式相場の下落を嫌気して売り先行となったほか、アジア株の下落などを嫌気。連日の上昇に対する利益確定の売りも加わり、終始軟調な値動きとなった。業種別 (more…)

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「売り継続、投資家として謙虚な姿勢が必要」

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。