Home > スポンサー広告 > 「窓空け上昇、強気相場は継続」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1228-691a4902
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 株式市場と経済ニュース

Home > スポンサー広告 > 「窓空け上昇、強気相場は継続」

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「窓空け上昇、強気相場は継続」

「窓空け上昇、強気相場は継続」

 本日の日経平均は200.82円高の17046.78円で取引を終了した。前日の米国株式相場の上昇を受けて、朝方から買い優勢の展開。米サブプライムローン問題は終息に向かっているとの観測が広がり、株価は上値を試す動きとなった。しかし、買い一巡後は上値の重い展開。外国為替市場で円相場がやや円高に振れたことで市場には警戒感が台頭。手掛かり材料にも乏しく、上昇幅は限定的であった。業種別東証株価指数では証券商品先物、銀行業など多くのセクターが上昇。石油石炭製品、ゴム製品などが下落となった。
 本日の東京株式相場はほぼ全面高の様相となった。買い一巡後は上値が重くなったが、終わってみれば総じて堅調な値動きとなった。特に上昇率が大きかったのが証券株と銀行株。欧米金融機関のサブプライムローンに絡む損失が発表されたことで、悪材料出尽くし感から買い戻しが優勢となった。また、任天堂などの好業績銘柄、ハイテク株の一角もそれぞれ堅調に推移した。
 日経平均の日足チャートでは窓を空けて上昇。17000円の大台を回復しており、先高観の強いチャート形状となっている。上方に空いていた窓(16948.96円―17148.95円)の一部を埋めたことで、短期的な目標達成感が漂う状況。しかし、依然として上方には複数の窓が存在しており、株価がさらに上昇する可能性は残されている。窓理論の法則3の買いのパターンであり、買いポジションは継続としたい。
 民主党税制調査会長の証券優遇税制廃止発言を、市場は無視した格好となった。しかし、もし実際に廃止が決定した場合には、間違いなく株価はネガティブな反応を示すであろう。DCF(ディスカウント・キャッシュフロー)やDDM(配当割引モデル)など観点からは、確実に理論株価を押し下げる効果がある。将来的な配当や利益の減少は、現在価値である株価を下落させる要因になるからである。
 また、郵政民営化によって金銭信託分の買い戻し観測から株価は堅調に推移しているが、その裏側にある債券価格の下落が与えるダメージを無視してはいけない。ゆうちょ・かんぽによる国債売却リスクが台頭しており、金利上昇局面においてゆうちょのヘッジ売りが懸念される。債券価格の下落を助長するという恐れがあり、金利急上昇による実体経済への悪影響も考慮しなければならないだろう。
 株価は上昇基調が継続しており、ポジション変更の必要はないと思われる。上方にオーバーシュートしやすい需給環境となっており、今はその流れに乗るしかないだろう。最大で18000円回復のシナリオも考えられ、数多い下落要因を考慮する必要は現時点ではないと思われる。何の邪魔者も入らなければ、自然体で上昇するはず。売り方の買い戻しも入り、さらに上昇スピードを加速する可能性がある。

 陸上競技でもウインタースポーツでも同じことだが、第一コーナーにやたらテンションの高い応援者が居たら、逆にテンションが下がることになる。「やれる!やれる!できる!できる!」などと、人の苦労も知らずに、自分以上の「熱さ」で応援するもんだから、フッと気が抜けるのである。「努力してるのはオレなんだよ!お前じゃないんだよ!」と競技を中止し、近寄って文句を言ってやりたいくらいだ。
 今の東京株式相場も似たようなものだ。「ガンバレ、ガンバレ」といくら応援しても、決して頑張ることはできない。逆に「お前、本当に走れるのかよ?」と疑ってやるぐらいが、ちょうどいいと思われる。過度に期待しすぎたり、応援しすぎたりすると、本人にプレッシャーが掛かってしまう。「いいよ、いいよ、そのまま、そのまま」くらいに留めておき、部外者が勝手にテンションを高めるのは避けたいところだ。要は「気張って買いなさんな」ということである。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1228-691a4902
Listed below are links to weblogs that reference
「窓空け上昇、強気相場は継続」 from 株式市場と経済ニュース

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「窓空け上昇、強気相場は継続」

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。