Home > スポンサー広告 > 「買い継続、過度な警戒は不必要」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1221-95492604
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 株式市場と経済ニュース

Home > スポンサー広告 > 「買い継続、過度な警戒は不必要」

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「買い継続、過度な警戒は不必要」

「買い継続、過度な警戒は不必要」

 本日の日経平均は60.27円高の16845.96円で取引を終了した。取引時間中は強弱感が対立したものの、大引けにかけてやや強含む動き。押し目買いの動きが広がり、日経平均は前週末比プラスで終了した。業種別東証株価指数ではゴム製品、パルプ・紙などが上昇、建設業、海運業などが下落となった。
 本日の東京株式相場は売り買いが交錯した。高値警戒感から戻り待ちの売りが強まった一方で、テクニカル的なサポートラインを頼りに押し目買いが入る展開。日経平均は先週末の終値の前後で往ったり来たりする展開となり、方向感の定まらない値動きとなった。しかし、大引けにかけては押し目買いの動きが優勢に。5日移動平均線が心理的なサポートラインとなり、買い圧力が強まった。
 ただ、積極的に上値を買い進む動きにはならず、上昇幅は限定的。今晩発表予定の米ISM製造業景気指数を見極めたいとの動きもあり、それほど楽観的なムードは漂っていない。また、米景気減速によるドル安・株安を懸念する声もあり、投資家は買いに対して慎重な姿勢を見せている。
 日経平均の日足チャートでは16900円処に壁が意識される展開となっている。本日の高値トライの場面で突破できなかった壁である。しかし、これは総合的な判断により「テクニカルの壁」の公算が大きく、いずれは自然消滅することが予想される。今回の上昇相場の目標値はあくまでも上方の窓(16948.96円-17148.95円)であり、短期的にはこの水準までの上昇が見込めそうだ。
 朝方発表された日銀短観が「ノー・サプライズ」であったことから、一連のリバウンド相場は継続しそうだ。米サブプライムローン爆弾への警戒は怠れないものの、チャート形状などから、積極的に売りポジションをとれるような状況にもない。売りポジションを取るべきタイミングでは、必ずテクニカル指標がその警戒サインを出してくれるもの。売りポジションに転換するには時期尚早であり、しばらくこの上昇相場を甘受すべきであると思われる。売り方にとって今一番恐い現象は、17000円から18000円の真空地帯を急速に駆け上がること。現時点でその危険性がある状態であり、ポジションチェンジしてわざわざ火中の栗を拾いに行く必要はないと思われる。暫定買いポジションを維持しながら、日向ぼっこを楽しんでいれば良いのだ。

 勿論私は戦後生まれなので、戦時中のことはよく分からない。しかし、多くの人から話しを聞くと、空襲警報が鳴ってからある程度逃げる余裕があったという。「ウ~ウ~」とサイレンが鳴ってから防空壕に入ればよく、限りなく切羽詰った状況ではなかったようだ。だから今の相場もサイレンが鳴り響いてから逃げればよく、それまでは普段どおり日常生活を送っていればいい。「今晩のお味噌汁の具は何にしようかしら」と、能天気に構えていれば良いのだ。
しかし、相手がB29爆撃機ならまだしも、原爆を搭載していた場合にはシャレにならない。その場合はいくら防空壕に逃げ込んだところで、何の意味もない。青白い閃光とともに瞬時に蒸発してしまい、跡形もなく消えてしまうのだ。
だから我々は「ピカ・ドン」を警戒しても無意味だということだ。せいぜい「ウ~・ウ~」を警戒すればよく、自分の範疇を超えた背伸びは必要ないのだ。現時点で「ウ~・ウ~」は鳴っていない。だから、味噌汁の具の中身でも考えて、束の間の幸せを味わえば良いのだ。「警戒しすぎないこと」――これが今の相場には必要ということだ。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1221-95492604
Listed below are links to weblogs that reference
「買い継続、過度な警戒は不必要」 from 株式市場と経済ニュース

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「買い継続、過度な警戒は不必要」

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。