Home > 米国株式市況 > 米国株、4日ぶり反落―利益確定売り、高値警戒や四半期末で

米国株、4日ぶり反落―利益確定売り、高値警戒や四半期末で

NYDOW
終値:13895.63 前日比:-17.31
始値:13912.94 高値:13924.81 安値:13850.27
年初来高値:14021.95 年初来安値:11939.61

Nasdaq
終値:2701.50 前日比:-8.09
始値:2708.30 高値:2716.75 安値:2692.02
年初来高値:2724.74 年初来安値:2331.57

S&P500
終値:1526.75 前日比:-4.63
始値:1531.24 高値:1533.74 安値:1521.99
年初来高値:1555.90 年初来安値:1363.98

米30年国債 4.836% 米10年国債 4.587%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(28日)
DEC07
O 16930
H 16940
L 16715
C 16765 大証比-65(イブニング比-5)
Vol 9406

 28日の米国株式相場は4日ぶりに反落。ダウ工業株30種平均は前日比17ドル31セント安の1万3895ドル63セントで、ナスダック総合株価指数は同8.09ポイント安の2701.50で終えた。最近の相場上昇の反動で、利益確定売りが出た。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約13億4000万株。ナスダック市場(速報)は約19億3000万株だった。
 終始やや軟調に推移した。ダウ平均が7月19日に付けた過去最高値(1万4000ドル)に近づいており、高値警戒感から利益確定売りが出た。四半期末とあって、買い見送りムードも強かったという。
 午後にセントルイス連銀のプール総裁が「市場は追加利下げがあると思い込むべきでない」と述べたと伝わった。利下げ期待がやや後退し、ダウ平均は一時60ドル超下げた。ただ、米連邦準備理事会(FRB)高官による同様の発言は目新しくないとして、売りも続かなかった。
 8 月の個人消費支出(PCE)は市場予想以上に増加。ただ、物価指標のエネルギー・食品を除くコアPCEデフレーターは前年同月比1.8%上昇とFRBが適当とする1―2%に収まった。9月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)は前月比上昇し、同月の消費者態度指数確報値は速報値から下方修正された。経済指標は好悪入り交じる内容で、相場の反応は限られた。
 業種別S&P500種株価指数は全十種のうち、「公益」や「通信サービス」などの八種が下げた。
 前日夕に好決算を発表したジャビル・サーキットは、利益確定売りが膨らみ6%下落。ダウ平均構成銘柄ではメルクやファイザーが下落率上位。前日に急伸したマイクロン・テクノロジーも売られた。
 一方、ゼネラル・モーターズ(GM)は上昇。改定労働協約の内容として米紙が報じた労組基金への拠出金額が、予想よりも少額と受け止められた。アナリストが投資判断を引き上げたターゲットが3%高。米投資ファンドへの身売りを発表したネットワーク機器大手スリーコムは34%の大幅高。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1215-f1c3d4b1
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、4日ぶり反落―利益確定売り、高値警戒や四半期末で from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、4日ぶり反落―利益確定売り、高値警戒や四半期末で

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ