Home > テクニカル分析 > SQ値と日経平均の関係 SQ通過後に重要シグナル

SQ値と日経平均の関係 SQ通過後に重要シグナル

 SQ値が日経平均の上値・下値の抵抗線や、上昇下落のきっかけとなっている場面が多く見られる。今年では一、二月と日経平均はSQ値を上回っていたことから上昇基調をたどり、二月二十六日に一万八二一五円三五銭まで上昇した。逆に七月、八月は日経平均がSQ値を下回っている場面が目立ち、調整色を強めていた。また八月十七日の安値(一万五二七三円六八銭)後の最初の戻り高値(一万六五六九円九銭・八月三十一日)は八月SQ値で押さえられた。
 六月の日経平均はSQ値をSQ当日を含めて五営業日下回っていたが、六営業日目に回復、その後はSQ値を下値抵抗線として意識した動きとなった。また七月は三営業日目、八月は四営業日目にSQ値を下回り結果的には大幅な調整局面となった。
 また、昨年以前ではこの逆で、SQ当日を含めSQ値を下回っていても数日後に回復できれば日経平均が上昇していた。日経平均とSQ値との関係をみる上ではSQ当日の終値が上回っているか否かだけでなく、その後もSQ値を維持できるかどうかが重要なポイントと考えられる。
 一般的にはSQの売買すなわち、SQで波乱があるかどうかに関心が向きがちであるが、SQは一つの通過点であり、経験則からみると、そこで算出されるSQ値と日経平均との位置関係が相場をみる上での重要なポイントになるのではないだろうか。
 また、SQ値を日経平均が上回っていてもTOPIXが下回っていると、その後日経平均も下回る可能性が考えられる。日経平均だけをみるのではなく、TOPIXのSQ値もあわせて注目しておく必要があろう。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1160-b4956ad2
Listed below are links to weblogs that reference
SQ値と日経平均の関係 SQ通過後に重要シグナル from 株式市場と経済ニュース

Home > テクニカル分析 > SQ値と日経平均の関係 SQ通過後に重要シグナル

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ