Home > 経済証券用語解説 > フェデラルファンド(FF)金利とは

フェデラルファンド(FF)金利とは

 米国の代表的な短期金利で、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策の誘導目標。連邦準備制度に加盟する銀行が、連邦準備銀行に預ける無利息の準備預金をフェデラルファンド(FF)と呼び、FFの不足分を銀行間で貸し借りする際の金利をフェデラルファンド金利(FF金利)という。翌日返済の無担保貸し付けで、日本の無担保コール翌日物金利に相当する。
 金利水準は米連邦公開市場委員会(FOMC)で決定し、ニューヨーク連銀が米国債などの売買で調節する。金融機関が安易に公定歩合に頼るのを防ぐため、FF金利は公定歩合を下回るように設定されている。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/1158-ec1e11e2
Listed below are links to weblogs that reference
フェデラルファンド(FF)金利とは from 株式市場と経済ニュース

Home > 経済証券用語解説 > フェデラルファンド(FF)金利とは

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ